• ポイントキャンペーン

料理屋の「弁当と仕出し」

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 185p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784388058655
  • NDC分類 596.4

内容説明

弁当は本来、家の外に携行する食べものでありましたが、時代を経て、料理店でつくらせた弁当や料理を家で食べるという仕出しが加わるようになりました。そして、近年、店内で供するという形式が定着し、お客様はコンパクトに日本料理を楽しむことができるようになりました。「末木」は大正八年、仕出し専門店として創業しました。ですから、店を構えて、懐石、会席料理を提供するようになってからも、弁当はメニューのひとつの軸となっています。本書で御紹介する弁当は、店内や仕出しで実際に提供しているものです。手頃な価格で提供できるように、珍味類や高級素材を使わず、地元の素材を生かして、ご馳走感を与えるように工夫し、ごくオーソドックスに仕上げています。

目次

春~初夏(松花堂弁当;仕出し・花見重 ほか)
夏(松花堂弁当;八寸盆 ほか)
秋~初冬(松花堂弁当;点心・松花堂 ほか)
冬(寄せ鍋;鴨鍋 ほか)
料理解説/カラー(厚焼玉子 伊達巻き;小巻巻玉子(だし玉子) ほか)

著者紹介

松岡昌平[マツオカショウヘイ]
「末木」3代目主人。昭和11年9月生まれ。国学院大学文学部卒。茶懐石「柿伝」(京都)で学ぶ。昭和44年家業を継ぐ