SF文庫   3-A<br> 時は乱れて

  • ポイントキャンペーン

SF文庫   3-A
時は乱れて

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。

内容説明

男の名はレイグル・ガム。独身、46歳。アメリカの一地方都市で、この男のことを知らぬものはいない。新聞の懸賞クイズ「小さな緑の男は次にどこへ行くか?」に毎日毎日勝ちつづけている男なのだ。時は、1959年。だが、時々、レイグルは自分が、なじみのない他人に思えることがある。そして同居している弟夫婦も。たとえばある時、洗面所であると思ったスイッチがないという弟の体験、子供が近くの廃墟から拾ってきた雑誌の記事、鉱石ラジオから傍受した奇妙な通信、ついに町を出ようとしたレイグルは、なぜか警察に追われ、一軒の家にたどりつく。そこで見た新聞の日付は1997年5月10日、なんと彼レイグルに関する記事が載っていたのだ。卓抜なアイデアと巧妙なトリックで構成されたストーリーは、やがて壮大な宇宙ドラマへと突入する。米国SF界の巨匠が放つスリリングな世界。