原辰徳―その素顔

個数:

原辰徳―その素顔

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 253p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784384088885
  • NDC分類 783.7
  • Cコード C0095

内容説明

原辰徳は正しい。侍ジャパンを率いる指揮官の素顔に迫る。

目次

王貞治―彼自身の運が巨人にクジを引かせた
江川卓―怪物と若大将の意外な関係
松井秀喜―日本一の翌日、僕は冷水を浴びせかけた
阿部慎之助―僕は、2度原監督に指名された
牛島和彦―三遊間を抜けた時は、「あっ!」みたいな感じでした
テリー伊藤―むしろイチローを叱って欲しいんです
長嶋茂雄―特別寄稿
江本孟紀―訓練された忍耐力か、それとも天性の能天気か
小倉弘子―奥様の愛が支えるジャイアンツ愛
仁志敏久―「8」のサイン入りバット
横尾要―そのとき、僕は真剣に芝目を読んだ
岩井美樹―「タツ、フェンスの後ろは引退しかないぞ」
坂本勇人―一流になるための序章
徳光和夫―彼はまるで永遠の太陽、僕の道しるべ
原貢―指導者、それは大きな“ハート”

著者紹介

今井美紀[イマイミキ]
1973年9月23日生まれ。東京都出身。成城大学文芸学部マスコミュニケーション学科卒。TBSラジオのリポーターを経て、プロ野球を主とするスポーツを担当。日本ハム担当、ヤクルト担当などのほか、五輪、メジャーリーグなどの取材を行う。原辰徳氏が監督に就任した02年から、ジャイアンツを担当し、日本一を取材。07年ニッポン放送に移籍し、プロ野球中継『ショウアップナイター』のジャイアンツリポーターを務める。トレーニング、ボディーワークなどを学び、IYCヨガ、FTPピラティスのインストラクター、IKCキネシオロジストの資格を持つ。現在は、「ゴルフヨガ」などの指導にあたる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)