英語で考える力。―40のサンプル・シンキングで鍛える!

個数:
電子版価格 ¥2,090
  • 電書あり

英語で考える力。―40のサンプル・シンキングで鍛える!

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月03日 09時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 421p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784384059359
  • NDC分類 830.7
  • Cコード C2082

出版社内容情報

クリティカルに考え、論理的な英語を組み立てる!
「論理的な英語」を話したり、書いたりすることは、英語検定試験でもビジネスでも必要なスキルとして求められる。本書では、この「論理的な英語」を組み立てるのに必要な技法としての、クリティカルに考える力を鍛えていく。物事をクリティカルに考えることによって、ある問題に対して客観的な視点で、説得力のある解決策を導き出すことができる「問題解決力」を身につけることができる!

内容説明

TOEIC S&W、TOEIC L&R、TOEFL iBT、IELTS、英検などの4技能試験対策とビジネスに!クリティカルに考え、論理的な英語を組み立てる!

目次

1 機能表現を学ぶ―「英語で考える力」の基礎作り(意見を述べる;目的に言及する;問題・困難・障害に言及する;原因・理由に言及する;方法・解決策に言及する ほか)
2 シンキング・ドリル―「英語で考える力」を養う!(「チャートと解説文」について考える;「ダイアローグ」について考える;「記事・文書」について考える)

著者等紹介

長尾和夫[ナガオカズオ]
福岡県出身。南雲堂出版、アスク講談社、NOVAなどで、大学英語教科書や語学系書籍・CD‐ROM・Webサイトなどの編集・制作・執筆に携わる。2005年より語学書籍の出版プロデュース・執筆・編集・翻訳などを行うアルファ・プラス・カフェを主宰

マーティン,トーマス[マーティン,トーマス] [Martin,Thomas]
米国在住、米国オハイオ州出身。南山大学卒業。日本語・日本史専攻。株式会社NOVAでの豊富な英語指導経験を活かし、同社出版局に移籍。数多くの英語・異文化交流関連出版物の編集・執筆・翻訳等に携わる。98年に独立後も、語学書籍の執筆・編集、知的財産権関連の翻訳、ビリヤード専門誌『CUE’S』の連載を手がけるなどマルチに活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁

20
図書館より。CDもあるが、必要なトピックのみ、自分の声でICレコーダーに録音。食品ロスなどの社会問題。米国社会以外でもあり得るものをいくつか選んで、プレゼンまで仕立てていく構成。英語で考えるためには、日本語でも解説が加えられているので、日本人向けの本。英語でいきなり全て話せるまでには至らないが、日本人の英語学習をアクティブラーニングで変えている最中なので、試行錯誤と思われる。ワタシは社会問題を英語で考える英検1級英作、2次口述のようなレベルを目指しているので、それ向けにはよい本。シリーズ類書にも挑みたい。2019/06/02

0
まず第一に、スペルミスや文法が破綻している箇所が少々見受けられたのは残念。 タイトルどおり、ロジカルシンキングを英語のライティングやスピーキングに応用したい人にはオススメ。 ただし、トピックとそれに対するアンサーが羅列されているだけで、ロジカルシンキングのハウトゥーについては解説が全く書かれていない。 その為、ミントの『考える技術 書く技術』を本書よりも先に読んでおくことをオススメする。2022/11/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13506050
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。