北風の吹く夜には

個数:

北風の吹く夜には

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年01月24日 15時04分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 300p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784384056150
  • NDC分類 943
  • Cコード C0097

内容説明

エミ・ロートナーは、雑誌「ライク」の定期購読を解約しようとメールを送る。返信がないのに激怒した彼女が送った3通目のメール「もう払わないから!」に、雑誌とは一字違いのレオ・ライケ氏から返信があったことから二人のメール交換が始まる。メールのやりとりを通して二人はお互いに興味をもち始め、メールは次第に情熱的に。そしてある日、ついに出会う約束をするのだが…。理想の夫と幸せに暮らすエミと美しい婚約者を持つレオ。肌をさすような北風が、交わるはずのない運命を、近付けていく…。会わないことで感情を高め合う男女を描いた、おかしくもせつない大人のロマンス。

著者等紹介

グラッタウアー,ダニエル[グラッタウアー,ダニエル][Glattauer,Daniel]
1960年ウィーン生まれ。『クリスマスの犬』(Der Weihnachtshund,2000)がドラマ化されるなど、ドイツ語圏でもっとも成功している作家の一人。『北風の吹く夜には』が、ドイツ書籍賞にノミネートされたほか、amazon.deの2009年年間ベスト1となった

若松宣子[ワカマツノリコ]
翻訳家。中央大学文学部博士課程修了。中央大学、白百合女子大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ドイツで150万部突破!世界37カ国で翻訳。話題の恋愛小説!
会わないことで感情を高め合う男女を描いた、おかしくもせつない大人のロマンス。

ドイツで150万部突破!世界37カ国で翻訳。話題の恋愛小説!

☆ドイツで150万部突破
☆世界37カ国で翻訳
☆amazon.de 2009年の年間Best1
☆「ドイツ書籍賞(deutscher Buchpreis)」ノミネート
☆「読書大賞(Leserpreis)」恋愛小説部門銀賞受賞

それは一通の間違いメールから始まった。
理想の夫と暮らすエミと美しい婚約者を持つレオ。
肌をさすような北風が、交わるはずのない運命を、近付けていく……。

エミ・ロートナーは、雑誌「ライク」の定期購読を解約しようとメールを送る。返信がないのに激怒した彼女が送った3通目のメール「もう払わないから!」に、雑誌とは一字違いのレオ・ライケ氏から返信があったことから二人のメール交換が始まる。
メールのやりとりを通して二人はお互いに興味をもち始め、メールは次第に情熱的に。そしてある日、ついに出会う約束をするのだが……会わないことで感情を高め合う男女を描いた、おかしくもせつない大人のロマンス。

★ドイツでの書評
「現代におけるもっとも魅力的で知的な恋愛書簡集」-DER SPIEGEL
「知的で喜劇的、そして息詰まる展開-Brigitte
「意外な結末の、ほろ苦いおとぎ話」-DIE PRESSE
「雨の週末に欠かせない1冊」-Hamburger Abendblatt
「Powerbook世代の、エスプリのきいた書簡小説の進化形」-Kultur SPIEGEL
「ダニエル・グラッタウアーは、「北風の吹く夜には」で18世紀に流行した書簡小説を現代に洗練されたメール小説として再現させた。ただし、愛の 使いはインターネット。グラッタウアーがいかにあざやかに物語の綱渡りを成功させたか、あなたも舌を巻くだろう」-SPIEGEL Special

【著者紹介】
★著者:Daniel Glattauer(ダニエル・グラッタウアー)
1960年ウィーン生まれ。"Der Weihnachtshund(クリスマスの犬)"がドラマ化されるなど、ドイツ語圏でもっとも成功している作家の一人。本書は、amazon.deの2009年年間ベスト1となった人気作。2011年も総合10位にランクインし、人気を維持している。この続編”alle sieben Wellen”は2009年「読者大賞」で総合3位、恋愛小説の部で2位に選ばれた。最新作"Ewig Dein"の刊行が今年2月に予定されている。

★訳者:若松宣子
エーリヒ・ケストナー「飛ぶ教室」の新訳、世界最長の連作SF「ペリー・ローダン」シリーズなどの翻訳者。

★装画:売れっ子イラストレーターの網中いづる