ザ・ホスピタリティ―「おもてなし」「思いやり」から経営へ

個数:

ザ・ホスピタリティ―「おもてなし」「思いやり」から経営へ

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年09月25日 15時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 236p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784382056817
  • NDC分類 336
  • Cコード C2034

出版社内容情報

ホスピタリティを相互容認、相互扶助、相互発展を遂げるといった本来の概念で捉えてみるとその概念は更に拡大し、様々な業務・業態に適応可能で、組織のマネジメントに貢献できる。

内容説明

熊本県における住民主体の「くまもとサプライズ!」がホスピタリティ文化形成のキーワード。従来使われてきた「ホスピタリティ」という言葉の概念に縛られてビジネスに結びつけられない人と、コンセプトを広く柔軟に解釈して、様々な部分に関連づけられる人との間で今後、大きな違いが出てくる。ホスピタリティ・マインドが健全な職場環境をつくる。

目次

第1章 ホスピタリティの実践―革新的な体制づくりの第一歩
第2章 ホスピタリティ精神を経営に活かす―ホスピタリティ精神からホスピタリティ文化へ
第3章 ホスピタリティ・コミュニケーション―経営から育成まで広範囲のマネジメント
第4章 ホスピタリティ・マネジメント―ホスピタリティを職場マネジメントに活かす
第5章 ホスピタリティ・コンプライアンス―ホスピタリティとコンプライアンスの関係
第6章 ホスピタリティ・セールス―ホスピタリティをセールスに活かす
第7章 ホスピタリティ志向による効率化―ホスピタリティを効率化に活かす
第8章 ホスピタリティと人材育成―ホスピタリティを人材育成に活かす
第9章 ホスピタリティとスピリチュアルケア―ホスピタリティの本来の姿

著者等紹介

中根貢[ナカネミツグ]
学校法人産業能率大学総合研究所主席研究員。1961年生まれ。駒澤大学卒業後、大手旅行会社に勤務し、営業・添乗業務に従事。その後、学校法人産業能率大学入職。マーケティング戦略、営業戦略を中心に小売流通業から製造業、鉄道事業、医療・福祉と幅広い業界で研修・コンサルティングを担当。日本ホスピタリティ・マネジメント学会、日本環境教育学会に所属し、現在はホスピタリティの理論構築のために高野山大学大学院で密教学を専攻中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁冊

8
図表を多用して、わかりやすい構成。思いやりの欠片もない人たちは、26頁を熟読すべきであろう。伊那食品工業の事例は、敵をつくらない、とあるので(37頁~)、地域住民を敵に回している自営業の場合は、糾弾されても仕方ないだろう。ともかく、憲法、道路交通法、車庫法を守れない業者は、偽善者ぶっている暇があったら、かんてんぱぱにでも研修にいって、爪の垢を煎じて呑まされるとよい。2013/06/04

kasugaitaro2011

1
マネジメント:癖を持つメンバーを融合し目標を達成する職人技。スキル,テクニックだけではなく,ホスピタリティが必要。ホスピタリティ=お互いの立場の違いを受け入れ,共生することを志向する「利他主義的行動」を是とする考え方。人間そのものを真正面で捉え,「人間らしさ」は何かを問い,その状況に合わせて独自対応する事。ホテルやテーマパークの例で表層的に「思いやり」と捉えられると,根底にあるホスピタリティの理論が置き去りにされ,化けの皮がはげる。物質的豊かさではなく,本来求めるのは,「心の豊かさ」2013/06/20

レーモン

0
ホスピタリティとは、『思いやり』や『おもてなし』という理解しにくいまとめではなく、互いの立場の違いを受け入れて、共生することを志向する『利他主義的行動』のこととある。事例でとして伊那食品さんが取り上げられており、『年輪経営』を客観的な視点で分析してあった。自分の考えていたホスピタリティと一致しており、納得しながら読むことができました。ただ、納得後の行動が重要であることは言うまでもありません。どうホスピタリティある経営を実践していくのか、この視点からも日々の改革・改善につなげていく必要があるなと思いました。2013/07/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6455771

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。