三一新書<br> 現代落語論 - 笑わないで下さい (第2版)

個数:

三一新書
現代落語論 - 笑わないで下さい (第2版)

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判
  • 商品コード 9784380650079
  • Cコード C0276

出版社内容情報

落語家・立川談志師匠が1965年に初めて書き下ろした作品。最高傑作のロングセラー!落語家・立川談志師匠が1965年に初めて書き下ろした作品にして最高傑作のロングセラー!

その一 落語の観方聞き方
噺のおもしろさ
落語の落げ「地口落ち」「考え落ち」「見立落ち」「幽霊落げ」/落げの演出法/噺のスター/笑い三態とギャグ/ケチはケチなりに、泥棒は泥棒なりに/間抜けの楽しさ
寄席のエリート/講談と落語/落語のルール/郷愁と夢/素朴・正義感・四季/艶笑落語/艶物復活/女性は艶物がお好き/艶物の演出法/廓噺について/色物について/音曲について

その二 真打になるということ
浅草松竹演芸場/映画『大平原』に感激/多摩川園劇場/少年講談/寄席通い/はじめて志ん生を聞く/三遊亭歌笑の死/落語は非行化を救う/みっともないから、ヤメテクレ/
真山恵介さんとの出会い/小さん師匠の家/小よし誕生/ふしきな世界/前座・二つ目・真打/前座の修業/ワリの話/楽屋帳の話/落語の題名について/出番のやりくり/
予備出演ということ/師匠を真似ること/バケた林家三平/イジられる話/楽屋で博打はご法度/鯛焼に泣く/怒鳴られる奴ほどものになる/初高座/無言のルール/
噺のケイコ場/月謝なしに噺を教わる/十八歳で二つ目になる/自分の落語をつくりだす/湯浅喜久治とのこと/古典落語のセンスとトピック/妙な現代化はやめよう/
若手落語会/春風亭橋之助のこと/若手落語会の崩壊/若手試演会のこと/東宝若手勉強会をクビになる/落語錬成会のこと/ウエストサイド物語に感動/
アスティアにサインをもらう/タップダンスに熱をあげる/噺家とモダンジャズ/噺家芝居/大阪へ出演/石井均と松竹文化演芸場/梅田の花月/
西条凡児の漫談/真打の声がかかる/五代目立川談志の誕生/オレは真打だ

その三 昔の噺家・今の寄席
柳亭左楽・桂文治・三遊亭円歌のこと/謳いあげる春風亭柳好/落語ライブラリーの計画/ツバナレと入れかけ/三河島まつみ亭/千住の栗友亭・神田の立花亭/木馬館と麻布十番クラブ/
川崎演芸場のことなど/噺家に受けない麻雀/はじめての独演会/村田英雄さんの浪曲/「二人のシャンソン歌手と一人の落語家」/「女は風船そよ風まかせ」/楽しい夜のショー/
安上り勉強法/寄席ブームと「談志ひとり会」

その四 観客・芸・人気ないしは笑について
労音という名のお客/アートシアターという寄席/噺家の演出と創造/古今亭志ん生の芸について/愛される芸人とは/人柄と芸のきびしさ/落語の超越した笑い/
落語の笑いとギャグ/古典落語は泣いている/スパゲッティの伴奏/客席のエチケット/笑わせない工夫/いい笑いを教える/落語はどうなるか

その五 わたしの落語論
新作落語は落語ではない/上方落語と大阪の寄席/テレビ落語/落語家が売れるということーマスコミと落語/落語一筋は昔のこと/わたしたちの前にはマスコミがある/
二足の草鞋ははける/落語は果して大衆的か/芸の保護と大衆化/器用でないと生きられない/貧乏は芸を滅ぼす/無料でも客は客/現代の落語家

カバーおよび中扉カット:長尾みのる 
目次扉および目次カット:橘右近

立川 談志[タテカワ ダンシ]
著・文・その他

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

読メで1番弟にしたいかわいいレビュアー・寺ズリ次郎

78
1965年、立川談志29歳の著書。私が読んだのは2014年の第2版第5刷だが、出版当時の装丁そのままで、カバーには著書近影の写真も、師匠柳家小さんの推薦文もそのままである。落語論は初めと終わりの方で、間は生意気盛りの若き談志の自伝である。何度も語られた理屈である落語論よりこの青春記部分が面白い。戦後20年経った日本の一面。真打ちになる前の談志が仲間とやった落語会に来た面々がすごい。志賀直哉!久保田万太郎!小泉信三!おまけにその会の題字を書いたのが武者小路実篤!。文学史と演芸史のシンクロにびっくりである。2017/10/20

姉勤

22
異端も一家となり、前衛も古典となる。当時センセーショナルなものと捉えられただろう本書も、数十年経た現在、スタンダードなものとなった感もある。 個人的に、古典落語の演目も時流に因って変わるのも致し方なし。新作も言うに及ばず。若き家元が愛した、名人・上手の本寸法を目指せば、能・狂言と近くなるだろう。どっちも後世に残るのがいい。 ところで、年期で誰でも真打にしちゃえって若き談志が思っていたのは、後々の事を思うと意外だった。よっぽど、お弟子が真打試験に落されたのが、腹に据えかねたのかね。2013/08/30

0607xxx

11
談志師匠の経歴や考え方を知る事が出来たが、50年前の本なので分からない事も多々あった…当時を知る方や落語好きの方はもっと楽しめたと思うので、時代背景等を勉強した上で再読。2016/01/25

mintia

10
再読。以前より大分理解できるようになったが、固有名詞が相変わらず分からなかった。又時機を見て、再読します。2018/06/20

Shinsuke Kato

10
流石は噺家。テンポの良い文章で読みやすかった。談志師匠の落語に対する情熱がしっかりと伝わって来ました。タレントや政治家としての彼には余り興味がなく距離を置いていましたが、落語を聞き、本を読んでみるとこれが中々で、一気に尊敬できる芸人になりました。素晴らしい落語家だと思います。2014/04/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/575609

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。