時務の研究者姜徳相―在日として日本の植民地史を考える

個数:

時務の研究者姜徳相―在日として日本の植民地史を考える

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月22日 15時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 271p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784380210006
  • NDC分類 289.2
  • Cコード C0036

目次

第1部 少年期(植民地時代の皇国少年)
第2部 青年期(民族を失った在日の苦悩)
第3部 大学時代(中国史から朝鮮史へ)
第4部 研究者として歩みだす
第5部 文化センター・アリラン創設(歴史や文化を学ぶ殿堂を)
第6部 いま思うこと

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kenitirokikuti

9
図書館にて。たいそうおもしろかった。読んでると姜の強気な語りに気持ちがひっぱられるのだけど、オーラルヒストリーであることを思い出して冷静に眺め直した▲姜は朝鮮半島生まれだか、1932年に2才で東京に移った。母のことばは聴いて分かるが、姜自身は日本語話者である。戦時中に渋谷区で旧制中学(多摩)に入り、戦後は新制青山高校、早稲田大学に進んだが、講義でなく社研で学んだ。姜は在日朝鮮人ではあるものの、外から見れば彼のアイデンティティの核は東京生まれ&育ちの昭和20年代大学生だと思う。ホームグラウンドがというべきか2023/10/15

young

0
この在日の方のことは存じ上げてなかったが、歴史資料館を作るなどその歴史に貢献されていたようだ。こういうオーラルヒストリーを聞くことも徐々にできなくなっている。2023/03/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17635500
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。