民族教育ひとすじ四〇年―東京朝高元教員の手記

個数:

民族教育ひとすじ四〇年―東京朝高元教員の手記

  • 出版社からお取り寄せいたします。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 231p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784380170058
  • NDC分類 916
  • Cコード C0036

内容説明

山口県の炭鉱村に生まれた在日朝鮮人二世。その波瀾の人生。民族学校がさまざまな隘路におかれている今、民族教育に捧げた半生を語る。

目次

家族(アボジ;オモニ ほか)
幼少年時代(山口県での生活;転校、朝鮮学校へ ほか)
青年時代(一九六七~一九七五)(高校浪人;マルクス主義への目覚め ほか)
民族学校教員に(東京朝鮮中高級学校に配置;商業科教育の重要性 ほか)
在日本朝鮮人中央教育会での活動(学校運営の資金づくりに奔走;アボジの遺骨を故郷へ ほか)

著者紹介

趙政済[チョジョンジェ]
1951年山口県美祢市大嶺町にて生まれる。1975年朝鮮大学卒業。東京朝鮮中高級学校教員として配置される。1992年東京朝鮮第1初中級学校教育会に転勤。同年6月、在日本朝鮮人中央教育会常任理事に選出。2010年7月中央教育会副会長就任。2013年11月退職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)