心に刻み石に刻む―在日コリアンと私

個数:

心に刻み石に刻む―在日コリアンと私

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2018年10月24日 01時49分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 247p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784380160073
  • NDC分類 316.81
  • Cコード C0036

内容説明

横行するヘイト・スピーチの土壌には、戦後における植民地支配の未解決問題が横たわっている。いま、改めてたどる在日朝鮮人の歴史と法的地位の変遷。

目次

巻頭インタビュー(聞き手:川瀬俊治)
第1章 総論(私の市民運動“ことはじめ”、そしてそれから)
第2章 歴史編(一九六一年・武庫川河川敷の強制代執行;解説『特殊労務者の労務管理』;アジア・太平洋戦争下、神戸港における朝鮮人・中国人・連合国軍捕虜の強制連行・強制労働)
第3章 法的地位(サンフランシスコ平和条約と在日朝鮮人―一九五一・九・八~五二・四・二八;入管令改正と在日朝鮮人の在留権;在日朝鮮人と指紋―押なつ制度の導入をめぐって;GHQ占領下の在日朝鮮人の強制送還;難民条約発効より二〇年―改めて日本の難民政策を考える;在日朝鮮人(一九四五~五五年))

著者等紹介

飛田雄一[ヒダユウイチ]
1950年、神戸生まれ。神戸大学農学部修士課程修了。公益財団法人神戸学生青年センター館長。他に、在日朝鮮運動史研究会関西部会代表、強制動員真相究明ネットワーク共同代表、関西学院大学非常勤講師、むくげの会会員など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

横行するヘイト・スピーチの土台には植民地支配の未解決問題が横たわっている。在日朝鮮人の法的地位の変遷と共に今、改めて問う。横行するヘイト・スピーチの土台には植民地支配の未解決問題が横たわっている。
在日朝鮮人の法的地位の変遷と共に今、改めて問う。

はじめに

巻頭インタビュー(聞き手:川瀬俊治)

第一章
私の市民運動?ことはじめ″、そしてそれから

第2章
一九六一年・武庫川河川敷の強制代執行
解説『特殊労務者の労務管理』
アジア・太平洋戦争下、神戸港における朝鮮人・中国人・連合国軍捕虜の強制連行・強制労働

第3章
サンフランシスコ平和条約と在日朝鮮人――一九五一・九・八?五二・四・二八
入管令改正と在日朝鮮人の在留権
在日朝鮮人と指紋――押なつ制度の導入をめぐって
GHQ占領下の在日朝鮮人の強制送還
難民条約発効より二〇年―改めて日本の難民政策を考える―
在日朝鮮人(一九四五?五五年)

あとがき

飛田 雄一[ヒダ ユウイチ]
著・文・その他