「慰安婦」問題の現在―「朴裕河(パクユハ)現象」と知識人

個数:

「慰安婦」問題の現在―「朴裕河(パクユハ)現象」と知識人

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月18日 07時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 243p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784380160011
  • NDC分類 210.75
  • Cコード C0036

出版社内容情報

日韓「合意」は「慰安婦問題」の解決をはるか彼方に遠ざけてしまった。
私たちは、侵略と植民地支配の歴史を見据えてきたのだろうか

第一部 問われる日韓「合意」
・鈴木裕子  解決には程遠い今回の日韓「合意」
・前田朗 いま何が問われているか
・金 優綺 「合意」の全面無効を――朝鮮民主主義人民共和国の反応
・許仁碩 台湾政府は口先だけの対応をやめるべき
・キャロライン・ノーマ 戦時性奴隷とされた女性に歴史的正義を――オーストラリア政府がなすべき対応

第二部 「朴裕河現象」を考える
・早尾貴紀 「和解」論批判 ――イラン・パペ「橋渡しのナラティヴ」から学ぶ
・李在承 感情の混乱と錯綜:「慰安婦」についての誤ったふるい分け
・前田朗 植民地解放闘争を矮小化する戦略
・金富子 新しさを装った歴史修正の動き
・能川元一 『帝国の慰安婦』における資料の恣意的な援用について
・李娜榮 「『帝国の慰安婦』事態に対する立場」声明の経緯と今後の方向

第三部 朝日新聞記事訂正問題を問う
・今田真人 「吉田証言」は本当だった――公文書の発見と目撃証人の登場

第四部 植民地主義と知識人の責任を問う
・徐京植 日本知識人の覚醒を促す――和田春樹先生への手紙
・前田朗 「慰安婦」問題と学問の暴力 ――植民地主義とヘイト・スピーチ

前田朗[マエダ アキラ]
著・文・その他/編集

徐 京植[ソ キョンシク]
著・文・その他

今田  真人[イマダ マサト]
著・文・その他

鈴木  裕子[スズキ ユウコ]
著・文・その他

金 優綺[キム ウギ]
著・文・その他

許 仁碩[シュ ジェンシュオ]
著・文・その他

キャロライン・ノーマ[キャロライン ノーマ]
著・文・その他

早尾 貴紀[ハヤオ タカノリ]
著・文・その他

李 在承[イ ジェスン]
著・文・その他

金 富子[キム プジャ]
著・文・その他

能川 元一[ノガワ モトカズ]
著・文・その他

李 娜榮[イ ナヨン]
著・文・その他

古橋 綾[フルハシ アヤ]
翻訳

内容説明

日韓「合意」は「慰安婦問題」の解決をはるか彼方に遠ざけてしまった。私たちは侵略と植民地支配の歴史をしっかりと見据えてきたのだろうか!?戦後70年を過ぎ歴史認識の根本を抉る!

目次

第1部 問われる日韓「合意」(解決には程遠い今回の日韓「合意」;いま何が問われているか;「合意」の全面無効を―朝鮮民主主義人民共和国の反応;台湾政府は口先だけの対応をやめるべき;戦時性奴隷とされた女性に歴史的正義を―オーストラリア政府がなすべき対応)
第2部 「朴裕河現象」を考える(「和解」論批判―イラン・パペ「橋渡しのナラティヴ」から学ぶ;感情の混乱と錯綜―「慰安婦」についての誤ったふるい分け;植民地解放闘争を矮小化する戦略―朴裕河『帝国の慰安婦―植民地支配と記憶の闘い』;新しさを装った歴史修正の動き;『帝国の慰安婦』における資料の恣意的な援用について―千田夏光『従軍慰安婦』の場合;「『帝国の慰安婦』事態に対する立場」声明の経緯と今後の方向―歴史的不正義に対抗するトランスナショナルな連帯に向けて)
第3部 朝日新聞記事訂正問題を問う(「吉田証言」は本当だった―公文書の発見と目撃証人の登場)
第4部 植民地主義と知識人の責任を問う(日本知識人の覚醒を促す―和田春樹先生への手紙;「慰安婦」問題と学問の暴力―植民地主義とヘイト・スピーチ)

著者等紹介

前田朗[マエダアキラ]
札幌生まれ。大和民族。東京造形大学教授、朝鮮大学校法律学科講師、日本民主法律家協会理事。ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク共同代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

がんぞ

7
産経新聞を「謝らせよう」と言語道断な圧迫を加えた事件では「大統領は韓国では天皇と同様、敬意をもって扱われるべき存在だ」とほざいたが、いまだキムチ臭い国から長期出国禁止にした謝罪も補償も無い。自らの過ちを認めると権力の権威が崩壊する独裁国。国際的非難を受けて渋々、加藤支局長を5時間立たせる嫌がらせの上で無罪にしたのだが。/同じく言論弾圧である<「朴裕河現象」を考える>が長く、論者も多い。「≪学説の自由≫にも制限がある」大使館前に少女売春像設置「加害国(冤罪)が文句言うな」とほざく条約違背は?…危険度北朝鮮並2017/03/08

がんぞ

4
朝鮮戦争で祖国=南朝鮮政府を守るため戦った勇者さえも“元・日本兵”であれば蔑み差別した≪被差別対象≫生贄がないと収まらない朝鮮気質。それで“日本兵=悪魔に身をまかした女”と迫害したのが「慰安婦問題」である。本来は「長いあいだ放っておいて御免なさい」と民主化大統領が平身低頭すべきが、例によって「日本が悪い」と逆切れし、朝日新聞と共謀して捏造の冤罪を仕掛けてきたのが真相だった。’91年、金学順が告発した頃には、「日本軍による強制連行」裏付け危惧したが日本人は四半世紀のあいだstudyして、実態に気付いている…2017/02/18

Akio Kudo

0
★★★★★ 吉田清治についてはよくぞ語ってくれたと評価したい。朝日新聞が個人の名誉をここまで貶めることに恐ろしさを感じる。2017/12/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10793787

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。