竜二漂泊1983―この窓からぁ、なんにも見えねえなあ

個数:

竜二漂泊1983―この窓からぁ、なんにも見えねえなあ

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 405p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784380139000
  • NDC分類 778.21
  • Cコード C0095

出版社内容情報

『竜二』は最後の孤塁であった。

あの映画はいったい何だったのか……。現在も語り続けられる『竜二』の伝説。1983年、日本の映画界を震撼させた一本の自主制作映画ー『竜二』
新しい風を巻き起こしながら、ヤクザ映画に見向きもしなかった層からも熱狂的な支持を受ける。
しかし、撮影時からガンを患っていた主演、脚本の金子正次は、公開の最中に世を去り、たった一本の映画と共に伝説となった。
本書は、突然現れた奇跡のような作品を通じて、映画と、あの時代の熱を活写すると共に、幻の「吉田監督版」と完成版(川島透監督)との比較を通じて、 『竜二』の何が新しかったのかを子細に浮かび上がらせてゆくだけでなく、現在の映画・芸能界と市民社会を挑発する「最後の映画評論家」谷岡雅樹、渾身の文明評である。

谷岡 雅樹[タニオカ マサキ]
著・文・その他

内容説明

あの映画はいったい何だったのか…。現在も語り続けられる『竜二』。その系譜を「俺たちの旅」「とんぼ」に辿りながら、八三年という時代の熱を活写する。

目次

第1部 『竜二』漂泊
第2部 竜二フォーエバー
第3部 追悼神波史男
第4部 『竜二』とその時代
第5部 映画という病、芸能という魔窟

著者等紹介

谷岡雅樹[タニオカマサキ]
1962年北海道生まれ。札幌南高校卒業。ノンフィクション作家。ビデオレンタル業界草創期より、製作、販売、卸、流通、宣伝、批評と携わる。99年に、『Vシネマ魂』(四谷ラウンド)を発表し、以後は文筆業に。2002年にVシネマ『Vシネマ魂』を監督。2006~8年文化庁芸術選奨(映画部門)推薦委員。2010年度より雑誌『キネマ旬報』ベストテン選考委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

hikarunoir

6
死を本書で初めて知る人も散見される、芸能魔窟における死屍累々。語ることは生き残った人間の義務であるかのような責任感が見える。戒めと励ましを受けた気がした。2018/09/23

imagine

3
解説で担当編集が「アジテーション」というとおり、『竜二』とは、金子正次とは、こういうものだ!とひたすら語りかける。時代背景も把握できるように、莫大な映画芸能関連の固有名詞が登場。さらに自身の半生を金子政二の人生に重ねて合わせていく。川島透が脚本に手を入れたことで奇跡の作品となったという分析が一番の収穫。2016/05/10

コウサカ・チナ

1
「大いなる 消えて忘れず 30年」これが全てだと思う

ヤマダ キヨシ

0
☆☆2013/10/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6857997

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。