若紫の無窮花

個数:
  • ポイントキャンペーン

若紫の無窮花

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年03月21日 22時30分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 106p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784380130045
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

「済州島には、二度と行きたくない」「これまでのようにしか生きられへん」「男の子でなくってごめん…」在日の女たち。一世、二世、三世の、それぞれの痛みと哀しみのつづれ織り。

著者等紹介

李栄汝[イヨンニョ]
1957年大阪生まれ。在日朝鮮人三世。大学卒業後、民族教育・文化運動を在日の街、大阪市生野区で行ない1992年に小学校からの夢だった執筆活動を開始。関西機関紙編集者クラブ、解放新聞社の記者を経て、2010年3月に現役を退く。2010年10月から「ことばさがし庵 希汝(ふぃーよ)」を主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

<在日女性文学>在日の女たち。一世、二世、三世の、それぞれの痛みと哀しみのつづれ織り。在日の女たち。一世、二世、三世の、それぞれの痛みと哀しみのつづれ織り。
「済州島には二度と行きたくない…」
「これまでのようにしか生きられへん」
「男の子でなくてごめん…」
ほとり――。
記憶を掘り起し、原石をたどれば、同じ光が放射されるだろう。
若紫、限りなく桃色に近い紫色。泉美の家に咲く無窮花の色だ。
無窮花は韓国の国花――。
散るときはひっそりと、つぼみを閉じて、ほとり――と、落ちる。

李 栄汝[イ ヨンニョ]
著・文・その他