ママは行ってしまった

個数:
  • ポイントキャンペーン

ママは行ってしまった

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 175p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784378007854
  • NDC分類 K943
  • Cコード C8397

内容説明

まぶたにうかぶママの顔は、いつも笑っています。笑うことしか知らないみたいに。もう一度、生きているママにあえたら!でも、ママも、ママの笑顔も、この世にはもどってきません。彫刻家のパパは、ママのほほえみを聖母マリアの像にきざみつけたというけれど、石の顔がほんとに笑っているのかどうか、ウラにはよくわかりません。それは、ウラがまだ子どもだからでしょうか。おとなになればわかることなのでしょうか。

著者等紹介

ハイン,クリストフ[ハイン,クリストフ][Hein,Christoph]
1944年シレジア(現在ポーランド領)生まれ。ベルリンのフンボルト大学で哲学、論理学を修める。翻訳、ラジオ・演劇の脚本を手がけながら小説を発表。1982年の『行きずりの恋人/龍の血』(邦題『龍の血を浴びて』:同学社刊)で作家としての名を確立。旧東ドイツ時代から現在まで数々の文学賞を得ている。1998年ドイツ・ペンクラブ会長就任

松沢あさか[マツザワアサカ]
1932年、愛知県生まれ。名古屋大学文学部卒業
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。