王立ユウレイ学校のなかまたち
アマーリア姫と恐怖ツアー―王立ユウレイ学校のなかまたち〈4〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 127p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784378007779
  • NDC分類 K943
  • Cコード C8397

内容説明

アマーリア、エドゥアルト、エミリーの三人が王立ユウレイ学校へ入学して一年、海賊船やユウレイハンターがやってくるなど、学校ではハラハラドキドキの事件がつづきました。そこへこんどは、ドキドキブルブル気分を味わいたい人間たちの観光バスがまよいこんできました。三人組はこのときとばかり、ならいおぼえたユウレイ術でツアー客をふるえあがらせ、追いはらいます。ところがこれがきっかけで、ユウレイ学校は世間に知れわたり、観光名所になってしまいました。アマーリアたちは、おしかける人間からユウレイ学校をまもることができるでしょうか。

著者等紹介

フィッシャー=フーノルト,アレクサンドラ[フィッシャーフーノルト,アレクサンドラ][Fischer‐Hunold,Alexandra]
1966年デュッセルドルフ生まれ。ドイツ学、イギリス学を修めたのち、1997年までケルンの旅行案内書出版社で編集業務。同年、長女の誕生を機に退社。その後、ミヒャエル・エンデに関する博士論文作成と子ども向けの読み物執筆の生活にはいる

松沢あさか[マツザワアサカ]
1932年、愛知県生まれ。名古屋大学文学部文学科(ドイツ文学専攻)卒業
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

absinthe@読み聞かせメーター

4
小3の娘。ひとりよみ。面白かった。2019/08/09

チクタク

1
シリーズ4作目。文章の雰囲気が変わった様に感じた。今回、エセルバートが良かった。自慢屋で自惚れ屋だけど、悪人じゃないので憎めない。2014/01/29

読み人知らず

1
幽霊が人間を驚かすと逆に人間は集まってくる。出店が出たり土産物屋が出たりというのがリアルで、またその話を書いたのが日本ではないのだから、世界中どこでもこういう話しはあるのだなと笑ってしまう^^2009/09/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/237811

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。