エンゼル・マイク

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 174p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784378007670
  • NDC分類 K943
  • Cコード C8397

内容説明

時は初夏。南フランスめざして出発したサンディーなのに、ヒッチハイクで知りあったマギーにさそわれて、行き先変更。着いた先のウェールズでも新しい出会いがあって、エンゼルみたいな美少年、マイクとの二人旅がはじまった。マイクは宮廷道化師になると、心に決めている。それって皆が言うほどクレイジーなことかしら?伝説の赤いドラゴンの里では、緑したたる野に丘に、風が郷土詩人のことばをうたっている。2001年ペーター・ヘルトリング賞受賞。

著者等紹介

ベックマン,レギーネ[ベックマン,レギーネ][Beckmann,Regine]
1957年生まれ。フランクフルト・アム・マインで育つ。外国通信員養成講座を経て、ハンブルク大学で文化人類学およびドイツ学専攻。現在、グライフスヴァルト近郊で家族と共に暮らす。多くのアンソロジーに作品を発表。初めての長編小説である『エンゼル・マイク』でペーター・ヘルトリング賞を受賞

松沢あさか[マツザワアサカ]
1932年、愛知県生まれ。名古屋大学文学部卒業
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

1
絶世の美少年なのに子どものような知性しかもたないマイク。彼の奇妙な行動が、サンディーとの旅を追っていくうちにいとおしく思えてくるから不思議だ。ロードムービーみたいな雰囲気がよかった。2004/10/12

ののはな

0
マイクってクレージーと思っていたサンドラだったのに・・・ 障害を持つ純な少年なのかな、マイクって! それにしてもヒッチハイクができる国っていいな 長い夏休みがあることも・・・ 日本では夢のような話2012/04/20

0
カバーに惹かれて読んだ。とても印象に残っている。ウェールズに行きたい。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/81410

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。