幻冬舎新書<br> 文豪はみんな、うつ

電子版価格 ¥836
  • 電書あり

幻冬舎新書
文豪はみんな、うつ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 225p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784344981775
  • NDC分類 910.26
  • Cコード C0295

内容説明

明治から昭和初期、文学史上に残る傑作を数多残した10人の文豪―漱石、有島、芥川、島清、賢治、中也、藤村、太宰、谷崎、川端。彼らのうち、7人が重症の精神疾患に罹患し、2人が「精神病院」に入院、4人が自殺している。才能への不安、女性問題、近親者の死、肉親の精神疾患などに苦しみ続け、苦悩そのものを作品にした。漱石はうつ病による幻覚を幾多のシーンで描写し、藤村は自分の父をモデルに座敷牢に幽閉された主人公を描いた。「芥川は分裂症」などの定説を覆す、精神科医によるスキャンダラスな作家論。

目次

第1章 夏目漱石―一八六七~一九一六(享年四十九歳)
第2章 有島武郎―一八七八~一九二三(享年四十五歳)
第3章 芥川龍之介―一八九二~一九二七(享年三十五歳)
第4章 島田清次郎―一八九九~一九三〇(享年三十歳)
第5章 宮沢賢治―一八九六~一九三三(享年三十七歳)
第6章 中原中也―一九〇七~一九三七(享年三十歳)
第7章 島崎藤村―一八七二~一九四三(享年七十一歳)
第8章 太宰治―一九〇九~一九四八(享年三十九歳)
第9章 谷崎潤一郎―一八八六~一九六五(享年七十九歳)
第10章 川端康成―一八九九~一九七二(享年七十三歳)

著者等紹介

岩波明[イワナミアキラ]
1959年、神奈川県生まれ。東京大学医学部卒業。精神科医、医学博士。昭和大学医学部精神医学教室准教授。都立松沢病院、東大病院精神科などで精神科臨床にたずさわる。主な研究分野は、うつ病の薬物療法、統合失調症の認知機能障害、精神疾患と犯罪など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件