• ポイントキャンペーン

幻冬舎新書
狂った裁判官

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 179p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784344980242
  • NDC分類 327.124
  • Cコード C0295

内容説明

法廷が開かれる前に、有罪の判決文をあらかじめ作成している裁判官。内心「無罪」ではないかと思える被告人に対して、自らの保身のために「有罪」を言い渡す裁判官。判決起案という煩雑な仕事を避けるために、脅してでも当事者に和解を強要する裁判官―。日本の司法システムがこうした「狂った」裁判官を生み続けてきたのはなぜか?司法改革を主張し、退官を余儀なくされた元裁判官が、「99%有罪」のからくりを解き明かす衝撃の一冊。

目次

第1章 裁判官の自己保身
第2章 裁判官の脅し
第3章 裁判官のサービス業化
第4章 間違いを犯し続ける裁判官
第5章 裁判官の人権
第6章 裁判官の独立
第7章 裁判員制度の嘘

著者等紹介

井上薫[イノウエカオル]
1954年東京生まれ。東京大学理学部化学科卒、同修士課程修了。民間の研究所に就職後、独学で司法試験に挑戦し合格。86年判事補、96年判事任官。日本の司法システムの問題点を鋭くえぐる発言を続けた結果、2006年、横浜地裁判事を最後に、退官を余儀なくされ、現在、著述活動に専念する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。