てんとうむし幼児園で育む子どもの生きる力―てんとうむしでみーつけた。

個数:

てんとうむし幼児園で育む子どもの生きる力―てんとうむしでみーつけた。

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年08月21日 13時47分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 154p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784344973275
  • NDC分類 369.42
  • Cコード C0037

内容説明

園内には時計がない、すべり台は丘の傾斜、限りなく広がるおさんぽコース。驚きの保育実践。

目次

生きる力「愛情で咲く しあわせの花」
これまでの歩み―理想の保育を求めて
てんとうむし幼児園の四季
質の高い保育を目指すために
咲き始めた花たち―てんとうむしを巣立った卒園児の言葉
みんなてんとうむし―てんとうむし幼児園の職員・保護者の言葉
結びに

著者等紹介

林恵子[ハヤシケイコ]
1959年、新潟県生まれ。新潟県立保育専門学院を卒業し、公立保育園に勤務する。3年後、私立保育園の開設に携わる。保育園と障害者施設で6年間勤務し、結婚して京都へ移住。京都でも保育士を続け、てんとうむし幼児園を開設。その保育内容が各新聞やメディアに取り上げられ、社団法人京都府少年補導協会より、原稿を依頼される。また、京都市内の保育士で構成されている「保育・表現を考える会」の役員となり、保育研修会の企画に携わる

林剛[ハヤシタケシ]
1957年、兵庫県生まれ。立命館大学文学部人文地理学科、佛教大学文学部教育学科卒業。職歴:小学校、中学校、高等学校、特別支援学校教員。知的障害者施設、特別養護老人ホーム、精神障害者施設ソーシャルワーカー。露天商。現職:株式会社EL‐LISTON(エル‐リストン)代表取締役。てんとうむし幼児園代表。就労継続支援B型施設(共働Spaceふくろう工房)施設長。京都中小企業家同友会理事。大学社会福祉学講師。看護福祉専門学校講師。京田辺市立小学校人権教育特別講師。京都府立高等学校特別支援教育研究運営指導員。京田辺市障害福祉計画策定委員会副委員長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。