感動を売る写真館―年間利益1億円を生み出す人気の秘訣

個数:

感動を売る写真館―年間利益1億円を生み出す人気の秘訣

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 185p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784344924895
  • NDC分類 740.67
  • Cコード C0034

内容説明

儲かるための近道は儲けようとしないこと。自己資本比率75%、成長を続ける人気スタジオ経営者が「感動」を生む店づくりと接客の秘訣を伝授。

目次

第1章 スマホの普及、大手子ども写真館の台頭―利用者の減少で年々姿を消す個人経営の写真館(カメラマンが特別な存在だったのは30年前まで;学校、ホテルがあれば安泰という時代は終わった ほか)
第2章 モノ消費からコト消費の時代 個人経営の写真館に足りないのは、お客さんを「感動」させること(撮影は「記録するもの」から「楽しむもの」へ;ターゲットは「子ども」ではなく「母親」 ほか)
第3章 非日常の演出と「おもてなし」の接客 「感動」を生み出す店づくりの秘訣(店づくりと接客で「感動」を生み出す;写真館は夢が見られる場所 ほか)
第4章 異業種との連携、地域活性化…「感動」を基軸に経営を回復させた写真館(売上があれば「感動」を提供し続けられる;写真館再生のヒントは「外の世界」にあり)

著者等紹介

河田年弘[カワダトシヒロ]
株式会社エミュ代表取締役。1967年生まれ。大学時代、アマチュアカメラマンとの出会いからカメラに興味を持つように。大学卒業後は印刷会社に入社するが、1993年、叔父の紹介で写真館の店長として写真館経営に携わる。2001年、兵庫県神戸市に1号店となる「スタジオエミュ」をオープン。女性が好む内装やサービスで人気を呼び、1店舗あたりの売上は1億円を超える。現在は県内に6店舗を展開。同業のみならず、異業種からも経営についての相談が絶えない。写真館経営のコンサルタントとしても活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。