幻冬舎文庫<br> 彼女たちの犯罪

個数:
電子版価格
¥867
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

幻冬舎文庫
彼女たちの犯罪

  • 横関 大【著】
  • 価格 ¥913(本体¥830)
  • 幻冬舎(2022/10発売)
  • 【ウェブストア限定】夏だね!ポイント5倍キャンペーン 対象商品(~7/15)※店舗受取は対象外
  • ポイント 40pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年07月13日 07時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 422p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784344432390
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

医者の妻の神野由香里は夫の浮気と不妊に悩んでいたが、ある日突然失踪。海で遺体となり発見される。死因は自殺か、それとも――。一方、交際相手が既婚者と知った結婚願望の強い日村繭美は偶然その妻と出くわし、ある決意をする。ワケあり女が一人二人……もう一人?女の数だけ二転三転、どんでん返しミステリ。いつの時代も女の人生は険しい。

内容説明

医者の妻の神野由香里は夫の浮気と不妊に悩んでいたが、ある日突然失踪。海で遺体となり発見される。死因は自殺か、それとも―。一方、交際相手が既婚者と知った結婚願望の強い日村繭美は偶然その妻と出くわし、ある決意をする。ワケあり女が一人二人…もう一人?女の数だけ二転三転、どんでん返しミステリ。いつの時代も女の人生は険しい。

著者等紹介

横関大[ヨコゼキダイ]
1975年静岡県生まれ。武蔵大学人文学部卒業。2010年『再会』で第五六回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

keiトモニ

41
損傷の激しい遺体が嵌めていた腕時計をイケメン医師神野智明が確認“間違いないです。妻のパテック・フィリップです。結納の時両親から彼女にプレゼントした奴です”パテックフィリップを検索すること中古で1千万円代がぞろぞろ。私の結納金はやっとこさで捻出したウン十万円だった。しかし愛があればいいのだ。さて神野智明の愛人繭美は“もう一度名簿に視線を落とし神野智明の住所を見る。このまま終わらせたくない。絶対に”…おおコワ。だから女性には気を付けンとナ。刑事上原が述懐“神野の周囲に女あり…全く女は理解できない生き物”だと。2023/03/20

JKD

40
現代のさるかに合戦?智明を取り巻く女性たちの企てた作戦が刑事上原の巧みな推理で紐解かれる。出てくる女性たちの思惑は底知れないものばかり。帯に書かれた「まったく女というのは理解できない生き物だ」に共感。真相に迫って行く過程と途中のどんでん返し、ラストの切ないシーンなど盛りだくさんで楽しめました。2022/11/09

なっち

36
読み始めたタイミングでちょうどドラマがスタートしたようで、そちらを視聴することなくこの本を楽しんだ。裏表紙のあらすじを見て面白そうだと思った勘にハズレはなかった!!どこか昔っぽいのは時代背景が昭和から平成に変わるころの話だから。お姑さんと食べる昼ご飯を毎日自分が用意するなんて…ゆかりはすごいよ。2023/07/26

mayu

31
イケメン医師と結婚し、夫の両親と暮らす由香里の遺体が発見されたニュースから物語は始まる。自殺なのか殺人なのか、由香里の思惑とは…。設定が昭和だからなのか、義理の母達からのお手伝いの様な扱いや子供を産む事を強制する姿に辟易させられる。そして何より夫が最低。結婚を焦る繭美、夫の智明、刑事や旅館で働く仲居、様々な視点で進む物語は先が気になるものの、出てくる女性達の誰にも好感が持てずモヤモヤする。今まで読んだ横関さんの作品とは違い、なんだかすっきりしない感じの作品。2022/10/14

ぴ〜る

24
なんだか女性の怖さを垣間見た気がする。どの登場人物にも気持ちを寄せる事はできないけれど面白かった。2022/11/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20272908
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。