幻冬舎文庫<br> グリーンピースの秘密

個数:

幻冬舎文庫
グリーンピースの秘密

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月28日 00時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 235p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784344430563
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

出版社内容情報

ベルリンで暮らし始めて一年。冬には友人と温泉で新年会をしたり、家で味噌を仕込んだり。春になったら青空市で見つけた白いアスパラガスに、薄切りハムとオリーブオイルを添えて。短い夏には美味しい味と素敵な出会いを求めて、リトアニアとポーランドへ。秋には家でリンゴケーキを焼いたり、縫い物をしたり。四季折々の暮らしを綴ったエッセイ。

内容説明

ベルリンで暮らし始めて一年。冬には友人と温泉で新年会をしたり、家で味噌を仕込んだり。春になったら青空市で見つけた白いアスパラガスに、薄切りハムとオリーブオイルを添えて。短い夏には美味しい味と素敵な出会いを求めて、リトアニアとポーランドへ。秋には家でリンゴケーキを焼いたり、縫い物をしたり。四季折々の暮らしを綴ったエッセイ。

目次

柚子があれば―1月1日
松の内―1月8日
なくした財布―1月10日
冬の遠足へ―1月15日
手前味噌―1月21日
木曜日の過ごし方―1月26日
アインシュタインの言葉と―1月30日
極寒と灼熱―2月9日
お正月―2月12日
寒空の下―2月16日〔ほか〕

著者等紹介

小川糸[オガワイト]
作家。デビュー作『食堂かたつむり』が、大ベストセラーとなる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

234
小川 糸は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。本書は、エッセイというよりも、ベルリン&EU滞在日記という感じです。ドイツではクリスマスが終わった後、クリスマスツリーに使用した樅木を棄てるというのには、驚きました。表題作の『グリーピースの秘密』は、全く大したことありません(笑) 著者は、エッセイよりも、断然小説が好い気がします。 https://www.gentosha.co.jp/book/b13523.html2021/03/09

SJW

121
小川さんの2018年1年分のエッセイ。ベルリンに1年ほど拠点を置き、ヨーロッパの各地を訪問し、楽しんでいる情景が浮かぶよう。特にベルリンなどの都市が好きな小川さんだが、田舎の町の良さも気に入られたようで良かった。でも田舎を旅するには車でないと不便なので、是非レンタカーで旅を楽しんでもらいたい。またドイツ語を学んでその難しさも経験されたようで、そうそうと頷いてしまう件もあった。2021/04/11

のぶ

108
小川糸さんの一連の日記の新刊。今回は2018年の元日からの1年間を纏めたもの。いきなりベルリンでの生活から始まる。そして10か月超が向こうでの生活日記。ドイツが気に入っているのは、過去の著作から知っていたが、ほとんど向こうが生活の拠点になってしまったようだ。ベルリンを中心にパリやポーランド他いろんなところに出かけていて、実に羨ましい限りだ。でも内容を読む限り、ネットで日本の情報を取ったり、味噌を現地で自作して食べてみたり、不自由は感じないようだ。今後も続けて欲しいが、ドイツが中心になるのだろう。2021/02/17

野のこ

53
ペンギンさんのほっこりエピソードが多かったような。これくらいの距離感いいなぁ。川の字で寝るイラストが可愛い。なのえちゃんのお話が面白かったです。そして旅のお話。空気までもが緑に染まるような森に行きたい。角田光代さんとのブックコンサート、お二人とも大好きなのでどんな話をしたのか気になりました。2021/08/04

よこたん

53
“苺が桃か選べると言われて、とっさに苺と答えてしまったけど、食べながら、やっぱり桃にすればよかったと悔やまれた。こういう咄嗟の判断、私は苦手。いつも後悔する。” あぁ私もそう。日常は、思いのほか咄嗟の判断を委ねてくることが多い気がする。小川さんの日記的エッセイが、沢山出ていることを今更知った。ベルリンでの暮らしは犬一匹と共に。ご主人は日本で時々行き来。なんでわざわざそちらで暮らすの?なんて思うのは野暮か。白いアスパラガス、ルバーブ、サウナ、森歩き、一番気になったのが自家製のお味噌だった。粋なお方だな。2021/07/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17440442

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。