幻冬舎文庫<br> 鹿男あをによし

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり

幻冬舎文庫
鹿男あをによし

  • 提携先に27冊在庫がございます。(2022年05月17日 10時52分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 454p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784344414662
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

大学の研究室を追われた二十八歳の「おれ」。失意の彼は教授の勧めに従って奈良の女子高に赴任する。ほんの気休めのはずだった。英気を養って研究室に戻るはずだった。渋みをきかせた中年男の声が鹿が話しかけてくるまでは。「さあ、神無月だ―出番だよ、先生」。彼に下された謎の指令とは?古都を舞台に展開する前代未聞の救国ストーリー。

著者等紹介

万城目学[マキメマナブ]
1976年生まれ。大阪府出身。京都大学法学部卒業。2006年、第四回ボイルドエッグズ新人賞を受賞した『鴨川ホルモー』でデビュー。『鹿男あをによし』は第一三七回直木賞候補、『プリンセス・トヨトミ』は第一四一回直木賞候補に。いま最も活躍が期待される若手作家である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ehirano1

489
万城目ワールドを堪能しました。彼の世界観は『優しい』に尽きますので、読中後感はとても良いです。また、プリンセス・トヨトミの時もそうでしたが、この方の本を読んでいると、ホントにありそうな気がしてくるのが不思議です。2019/06/02

青葉麒麟

460
雌鹿なのに、声が渋い中年男性に先ず吹いた。ちょいちょいニヤリする文章が出て来て独特な作風の作家さんなんだなって感じた。奈良は修学旅行でしか行った事がないので、近所に有名な神社やお寺があるのはとても羨ましい。ポッキーで悶絶する鹿って!!解説が児玉清ってのは贅沢。2013/09/10

ちょこまーぶる

388
めっちゃ面白い一冊でした。作者の方の素晴らしい発想に感謝したいぐらいです。それから、読み進めながらページを捲ることが楽しくてしょうがない状態でしたね。邪馬台国の卑弥呼の謎を題材にしている辺りも歴史好きの人でなくとも、何かしら興味を抱いている人が多いので惹きつけられるんでしょうね。そして、実際に歴史の都では、「目」を巡っての攻防が一定期間ごとに行われているのだろうという妄想さえも現実的に思わせる力のある小説でした。で、ラストの鹿男から脱するために教え子の堀田の行為の場面はツボでしたね。奈良に行きたい気分だ。2015/01/20

射手座の天使あきちゃん

362
「あをによし 奈良の都は 咲く花の・・・」 伽藍と緑あふれる古都奈良、でもいくらなんでも「マイシカ」は無いっしょ!ってツッコミたくなりますぅ(笑) ちょー奇天烈話にひた向きに取り組む主人公とイトちゃんの「かたくなさ」が好きでーす♪。 肩の力を抜いてお読みくださいませ V(^_^)2010/05/08

kariya

318
人生に行き詰まり、心機一転を狙うのはよくある話。でも新天地で鹿に話しかけられる、ことはそうはない。大学の研究室で居場所をなくし、「おれ」は奈良の女子高に短期の約束で赴任する。最初から怪しかった雲行きは、渋いおっさん声で喋る鹿の出現で、破滅的な悲喜劇に。しかし使命を果たさなければ、日本を未曾有の危機が襲うらしい。癖のあり過ぎる神獣やツンデレ女子高生、神器を巡る学校対抗の剣道大会やらに振り回されつつ、賑やかに駆ける古都には爽快な風が吹く。たとえ喋る鹿に巡り合わなくとも、一読すれば世界が今より愉快に見える。2010/06/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/573729

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。