幻冬舎文庫<br> その後のツレがうつになりまして。

個数:
電子版価格 ¥280
  • 電書あり

幻冬舎文庫
その後のツレがうつになりまして。

  • 提携先に7冊在庫がございます。(2019年09月24日 02時30分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 135p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784344413030
  • NDC分類 916
  • Cコード C0195

内容説明

仕事のストレスでうつ病にかかったツレは、明るい前向きな人間から、暗いがんばれない人間になった。でも、三年間の闘病生活を妻とともに乗り越え、回復したのだ。ツレの性格は以前と違うし、あきらめたこともたくさんあるけれど、ふたりは少しずつ変化を受け入れていく―。うつ病後の日々を描く大ベストセラーの純愛コミックエッセイ第二弾。

目次

1 「ツレうつ」を、出してみて。(ツレがうつになって;本を書く ほか)
2 うつになって、わかったこと。(会社をやめるのはいけないこと?;薬代が安くなる? ほか)
3 うつになって、あきらめたこと。(できないことは無理しない;あきらめたこと(1)旅行 ほか)
4 こんなとき、どうする?(ウチ流 こんなときはこうしてた;ついついやってしまいがちだがキケンなパターン ほか)
5 一歩一歩、前に進んで。(電話に出られるようになった;薬の量がへった ほか)

著者等紹介

細川貂々[ホソカワテンテン]
1969年生まれ。セツ・モードセミナー卒業後、漫画家、イラストレーターとして活動。夫のうつ闘病生活を描いた『ツレがうつになりまして。』が大ベストセラーになる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件