• ポイントキャンペーン

阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 254p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784344033214
  • NDC分類 779.14
  • Cコード C0095

内容説明

40代、独身、女芸人である妙齢2人の地味おもしろい同居生活エッセイ。書き下ろし恋愛小説「ふきのとうはまだ咲かない」(姉・渡辺江里子)、「3月のハシビロコウ」(妹・木村美穂)も収録。

目次

第1章 阿佐ヶ谷ふたり暮らし(6畳1間の布団事情(エリコ)
虐げられている物達(ミホ)
似たもの同士、でも。(エリコ) ほか)
第2章 妙齢事情(妄想老後(ミホ)
占い師全員に「今年は最悪」と言われて(エリコ)
カーブスはおばさまの聖地です(ミホ) ほか)
第3章 引っ越し騒動(私達、引っ越し検討し始めました(エリコ)
理想だらけの物件の条件(ミホ)
内見珍道中(エリコ) ほか)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しんごろ

344
ホントに赤の他人とは思えない仲の良さだよね。阿佐ヶ谷姉妹のネタが好きだから、お互いの気持ちを尊重しあい、助けながら、これからも面白いネタを見せてほしいなあ。二人の性格が、そのままエッセイに表現されてる感じ。江里子さんの小説に思わずジーン!読んでて仲の良さ、コンビ愛が存分に伝わる、ほのぼの度120%のエッセイでした。2019/09/01

本読みたぬき

180
あまりお金がなくても、ていねいに暮らす偽姉妹。お互いに踏み込み過ぎず、見栄も片意地もはらず、生活を楽しむ、新しいカタチの家族。優しく、ほっこりして、クスリと笑える、読むと幸せな気分になる本。お2人の人柄が偲ばれます。2020/09/14

milk tea

155
日々楽しみながら生活しているのが微笑ましいです。美穂さんの「月のハシビロコウ」も江里子さんの「ふきのとうはまだ咲かない」も、初めて書いたとは思えないほど味のある短編小説でした。2020/11/13

みどり虫

153
お二人が交互に綴る日常のエッセイと、一編づつの短編小説。姉妹でも、どんなに仲の良い友人でも、仕事でも一緒の相手と6年間も六畳一間で共同生活なんて私には想像も出来ない。でも周りの人たちにも恵まれ、羨ましいくらいなんだか楽しそうだった。お二人の人柄そのもののようなのんびり優しい生活。そしてミホさんのおかしさが良い〜。短編小説も良かった!今はお隣同士に暮らしているお二人、ずっといい距離で、のほほんと「阿佐ヶ谷姉妹」していて欲しい♡2018/10/24

mukimi

113
ほっこり…。最近自分の生活の中に「のほほん」な要素なんて皆無だったなぁと気付く。どこまでものほほーんとした姉妹の暮らしぶりに癒されて、焦らなくていいや、欲張らなくていいや、と思えたのだった。これからもずっと変わらぬお二人でいて欲しいなあ。2021/03/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12933161

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。