NewsPicks Book<br> ブランド人になれ!―会社の奴隷解放宣言

個数:
電子版価格 ¥1,567
  • 電書あり

NewsPicks Book
ブランド人になれ!―会社の奴隷解放宣言

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年05月19日 17時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 229p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784344033177
  • NDC分類 159
  • Cコード C0095

内容説明

君もプロ野球選手より稼ぐプロサラリーマンになってみないか?リクルート、ライブドア、LINE、ZOZO。最先端企業に引き抜かれ続ける男が明かす、己の名を上げる仕事術。

目次

第1章 君は誰を笑顔にしたか?
第2章 己の名をあげろ
第3章 会社なんて幻想だ。大いに利用せよ
第4章 市場を支配しろ
第5章 発信者たれ!
第6章 真っ当な人間であれ
第7章 たかがカネのために働くな―仕事とはカネで買えないエンターテイメントである

著者等紹介

田端信太郎[タバタシンタロウ]
スタートトゥデイコミュニケーションデザイン室長。1975年石川県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。NTTデータを経てリクルートへ。フリーマガジン「R25」を立ち上げる。2005年、ライブドア入社、livedoorニュースを統括。2010年からコンデナスト・デジタルでVOGUE、GQ JAPAN、WIREDなどのWebサイトとデジタルマガジンの収益化を推進。2012年NHN Japan(現LINE)執行役員に就任。その後、上級執行役員として法人ビジネスを担当し、2018年2月末に同社を退社(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

210
本書では著者が節目節目でいろんな大手企業で面白おかしく過ごしている様子は見られるが、実際何してるかは本書だけではよくわからない。しかし人生こういう風に生きていきたいものだと思えた。あともう少しフォローワーを増やしたいな。2019/02/07

徒花

165
まあまあ。言葉のエッジの利き具合は著者がやっているTwitterには敵わないけれど、ハッとするようなパワーワードと、なんやかんや理由をつけて動かない人たちに発破をかける言葉は読んでいて心地よさを感じなくもない。あと、とにかく読みやすい。ただ、本人もけっこうすごい経歴の持ち主なんだから、もっと自分が経験した仕事のエピソードを交えながら語ってくれたら、具体性が出てよかったんじゃないのかなあと思ったり。2019/02/05

ハッシー

93
★★★☆☆ 炎上覚悟の熱いメッセージには、好き嫌いが極端に分かれそうだが、書いていることは至極真っ当。著者のようなブランド人を目指せる人は限りなく限定されると思うが、今の仕事にも活かせるメッセージが多いことも確か。読んで損はない本だとは思う。2019/02/12

あっか

59
ツイッターでは過激で怖いイメージ(笑)の田端さん、こんな芯と熱い思いを持って発信してたのか!と物凄く面白く胸が熱くなりながら読了しました!サラリーマン必読!自分は個人事業主ですが、仕事、サービス、お金への向き合い方にはガツンと来ました。特にSNS発信の項目はブランド人にとって外せないのでみんなに読んでほしい。田端さんが心から楽しんで伝えてくれていることも分かるので、読みやすい上グングン吸収できます。あー自分保守的になってたなー。面倒臭いを逃げ道に創意工夫を怠ってたなー。やる気がむくむく。まずは夫に薦める!2018/09/04

Kentaro

36
仕事は頑張ったから、辛いことに耐えたから素晴らしいのではなく、お客様が喜ぶことをいかにできるかが重要。 より喜んでもらえるまでに質を高めるには圧倒的に量をこなす。無駄に長く下積みをする必要はないが、自分の経験から、二年間はひたすら仕事をこなす時期が必要だと言う。 そこで仕事をこなすための基礎が出来上がるのだそうだ。圧倒的努力で大量の仕事をこなすこと。それが量から質に転換できるようになるからだ。 次に仕事ができるようになったら自ら手をあげ名前が売れるようにすること、つまり自分をブランディングするのだ。2019/02/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12930740

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。