秀吉の活

個数:
電子版価格 ¥1,555
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

秀吉の活

  • 木下 昌輝【著】
  • 価格 ¥1,944(本体¥1,800)
  • 幻冬舎(2017/11発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 36pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年12月16日 13時06分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 536p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784344032118
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

織田への就活、寧々との婚活、天下人への転活、朝活、妊活、終活…。乱世を駆け昇った秀吉の“活きた”仕事とは?天下人の一生を10の活動時期に分け、新たな切り口で描く、豊臣秀吉の出世道!!

著者等紹介

木下昌輝[キノシタマサキ]
1974年奈良県生まれ。近畿大学理工学部建築学科卒業。ハウスメーカーに勤務後、フリーライターとして関西を中心に活動。2012年「宇喜多の捨て嫁」で第92回オール讀物新人賞を受賞し、『宇喜多の捨て嫁』で単行本デビュー。同作は直木賞候補となり、’15年高校生直木賞、歴史時代作家クラブ賞新人賞、舟橋聖一文学賞を受賞。『人魚ノ肉』は山田風太郎賞、『天下一の軽口男』は吉川英治文学新人賞、『敵の名は、宮本武蔵』は山本周五郎賞、直木賞、山田風太郎賞の候補作となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

男はただ、生きる為に必死だった。就活、婚活、転活、妊活、終活・・・・・・。秀吉が天下人になるために行った10の活動とは?現代人と変わらぬ悩みも、悲しみも、楽しみも、人間秀吉の姿が今描かれる!!