欲情の作法

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 219p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784344016224
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

男と女の根源的な違い。それを理解すれば、新しい愛がはじまる。実践的最新恋愛講座。

目次

男は振られる生きものである
二兎しか追わぬもの一兎も得ず
考えるよりまず行動を
巧言令色ときめく愛
焦らず明るく正直に
近づきながらテイスティング
容易に許す女は軽いのか
結ばれる直前に考えること
挿入する性とされる性
男が萎える派手派手下着
文句をいえない男に代わって
セックスは二人の共同作業
うまくできなかったときに
なぜ、男と女がいるのか

著者等紹介

渡辺淳一[ワタナベジュンイチ]
1933年北海道生まれ。医学博士。58年札幌医科大学医学部卒業後、母校の整形外科講師として医療にたずさわるかたわら小説を執筆。作品は初期の医学を題材としたものから、歴史、伝記的小説、男と女の本質に迫る恋愛小説と多彩で、医学的な人間認識をもとに、華麗な現代ロマンを描く作家として、常に文壇の第一線で活躍している。70年「光と影」で直木賞受賞。80年に「遠き落日」で吉川英治文学賞を、2003年には菊池寛賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

その時、女は何を期待しているのか?
その時。男は何を考えているのか?
肉体と精神を知り尽くした医師の目、人間の性の深淵を追う作家の目、冷徹にして優しい眼差して綴る実践的最新「恋愛&SEX入門講座」。