村尾医師のがん よろず相談承ります

個数:

村尾医師のがん よろず相談承ります

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年10月23日 10時14分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ A5判/ページ数 302p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784343009470
  • NDC分類 494.5
  • Cコード C0095

内容説明

終末期までの“黄金の時間”をいかに過ごすか。がんを患った病理医が伝える告知の受けとめ方、セカンドオピニオンの求め方、退院後の生活、がん保険のこと…

目次

がん よろず相談承ります
患者の立場で聞くがんの告知―告知に困惑する患者に向けて
初めて「がん」を告げられた人に
がん保険の功罪
退院後の生活の始め方―安心して日常生活に戻るための生活指針
がんと、日本人の「あの世観」

著者紹介

村尾眞一[ムラオシンイチ]
1950年姫路市に生まれる。1979年神戸大学医学部大学院修了、同病理学教室助手。1981年10月から1983年9月まで米国・アルゴンヌ国立研究所客員研究所へ留学後、神戸大学医学部に勤務。1985年11月アルゴンヌ国立研究所客員研究員、1992年愛媛大学医学部助教授、1996年神戸大学医学部助教授。2000年より甲南病院に勤務、2003年9月より甲南病院看護学校校長を兼務。2006年12月発病。2008年より健康講座などボランティア活動を開始。2016年4月23日永眠(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)