お母さん大丈夫、あなたが育児の主役です―0歳からの母と子の“愛の育児書”

個数:

お母さん大丈夫、あなたが育児の主役です―0歳からの母と子の“愛の育児書”

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月20日 19時05分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 220p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784341085735
  • NDC分類 599
  • Cコード C0037

内容説明

責任感の強いお母さんほど、「子育て」「しつけ」に悩み、ストレスをかかえています。お母さんが自信を持ち、心が安定すれば、お子さんに「愛を伝える」ことができ、“0歳からの育児”はきっと上手にできます。

目次

第1章 赤ちゃん時代(育児は、“六〇点主義”のほうがかえってうまくいきます;生まれた直後でも、抱っこのとき目を見つめてやると、赤ちゃんは安心します ほか)
第2章 1歳~2歳児(帰宅したお母さんを子どもが喜んで迎えたら、その場ですぐ抱きあげてください;子どもがトイレまで追ってきたら、トイレにいっしょにはいってください ほか)
第3章 3歳児から(寝るまえにお話を読んでもらえるのは、子どもにとって何よりの愛の確認です;体罰の否定はやさしさの表われでなく、かえって子どもの健康を損なうことがあります ほか)
第4章 親の役割と心得(下の子をいじめていたら、「こっちへいらっしゃい」とやさしく呼びかけてください;お母さんが兄弟ゲンカを仲裁しようとすると、かえって兄弟の仲が悪くなります ほか)

著者等紹介

内藤寿七郎[ナイトウジュシチロウ]
1931年東京大学医学部卒。東大小児科教室勤務を経て、日本赤十字社中央病院小児科部長、愛育病院院長、日本小児科医会初代会長、同名誉会長などを歴任。1992年日本人として初めてシュバイツァー博愛賞を受賞する。2007年101歳で没。長年の小児科医としての経験からの育児相談による適切なアドバイスは、やさしい人柄とあいまって、多くのお母さんの信頼を得て、その著書も多数ある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。