自然と経済から見つめる北東アジアの環境

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 311p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784340530113
  • NDC分類 519.22
  • Cコード C3036

内容説明

深刻化する地域環境問題。「環日本海」を視座に自然科学と経済学からその本質に迫る。

目次

第1部 北東アジアの自然史(環日本海地域の地質から見た日本海の形成史;北東アジアの気象と気候;北東アジアの水循環;北東アジアの植生と多様性;北東アジアの動物地理学)
第2部 北東アジアの経済発展と環境問題の発生(中国の経済発展と環境問題;韓国の経済発展と環境問題;ロシアの市場経済化と環境―水資源を中心に;日本の環境問題)
第3部 北東アジアが抱える環境問題(大気環境の汚染;水環境の汚染;地球温暖化;生物多様性と外来生物;環境修復;環境保全に対する国際的な取り組み)

著者紹介

和田直也[ワダナオヤ]
1995年北海道大学大学院環境科学研究科博士後期課程修了(博士(環境科学))。95年富山大学理学部助手、2000年同助教授を経て、2003年より同大学極東地域研究センター、現在同センター准教授

今村弘子[イマムラヒロコ]
1976年東京大学教養学部アジア科卒。日本貿易振興会、聖徳大学、在中国日本大使館を経て、99年より富山大学、2001年より同大極東地域研究センター、現在同センター教授(センター長)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)