立川流鎖国論

個数:

立川流鎖国論

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年02月20日 15時16分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 277p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784340100064
  • NDC分類 779.13
  • Cコード C0095

内容説明

寄席で修業できなかろうが、昔の落語ファンから罵声をあびようが、「談志の価値観がすべて」「この生き方が正しい」そう信じて修業を重ねてきたアウトロー集団が落語立川流である。

目次

序章 「立川流」とはなんなのか
第1章 継承される「談志イズム」
第2章 談志への愛、演劇への愛
第3章 立川談春伝説
第4章 個性なのか、ぶざまなのか
第5章 立川志らく伝説
第6章 談志の価値観、一門の了見
第7章 立川談志伝説の真相
終章 立川流はどこへ行くのか

著者等紹介

立川志らく[タテカワシラク]
落語家、映画監督、映画評論家、舞台演出家、劇団「下町ダニーローズ」主宰。1963年、東京都に生まれる。1985年、日本大学芸術学部在学中に立川談志に入門、1988年に二つ目、1995年に真打ちへ昇進。二つ目時代は、兄弟子立川談春と組んだコントグループ「立川ボーイズ」としても活動。その後は、同世代の若者に落語の面白さを伝えることに力を注ぐ。その一環として、映画と古典落語を巧みに合体させた「シネマ落語」を次々と創作、70本を超える作品を発表している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

立川志らく、落語家稼業25年。落語界を牽引する志の輔、談春、志らく、談笑《立川流四天王》を育てた「談志イズム」を語り尽くす。

立川志らく、落語家稼業25年。落語界を牽引する志の輔、談春、志らく、談笑《立川流四天王》を育てた「談志イズム」を語り尽くす。「立川流という特異な落語家集団…鎖国的考え…間違いなくこの事を書けるのは志らくだけだ。」(まえがきより)

序 章 「立川流」とは何なのか
第一章 継承される「談志イズム」
第二章 談志への愛、演劇への愛
第三章 立川談春伝説
第四章 個性なのか、ぶざまなのか
第五章 立川志らく伝説
第六章 談志の価値観、一門の了見
第七章 立川談志伝説
終 章 立川流はどこへ行くのか
おまけ 演劇らくご『疝気の虫』

【著者紹介】
落語家、映画監督、映画評論家、舞台演出家。1963年、東京都に生まれる。1985年、日本大学芸術学部在学中に立川談志に入門、1988年に二つ目、1995年に真打へ昇進。二つ目時代は、兄弟子立川談春と組んだコントグループ「立川ボーイズ」として活動。その後は、同世代の若者に面白さを伝えることに力を注ぐ。その一環として、そして映画と古典落語を巧みに合体させた「シネマ落語」を次々と創作、70本を超える作品を発表している。そのほか、映画監督や劇団「下町ダニーローズ」主宰をつとめるなど活動は多岐にわたり、落語界の鬼才として注目され続けている。著書には『全身落語家読本』『らくご小僧』(以上、新潮社)、『落語は最高のエンターテインメント』(講談社)、『雨ン中の、らくだ』(
太田出版)などがある。