鬼遊び―闇の子守唄

個数:

鬼遊び―闇の子守唄

  • ウェブストアに57冊在庫がございます。(2020年02月25日 15時40分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 176p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784338330046
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8393

内容説明

鬼のもてなし受けた子に春はもう来ぬ鬼遊び。廣嶋玲子、本格怪談シリーズ「鬼遊び」第4巻!

著者等紹介

廣嶋玲子[ヒロシマレイコ]
横浜生まれ。第四回ジュニア冒険小説大賞の『水妖の森』(岩崎書店)でデビュー。『狐霊の檻』(小峰書店)で「第34回うつのみやこども賞」受賞

おとないちあき[オトナイチアキ]
1988年生まれ。イラストレーター。書籍装画を中心に活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

冬の楽しみ、雪遊び。雪の遊びが好きなのは、人の子だけとは限らない……。知らずに鬼をよびよせてしまった子どもたちに訪れる「恐怖」を描く、連作短編集。不気味な子守唄があなたを鬼の遊びに誘います……。
・凧あげ ・かるた ・羽根つき ・かた雪わたり ・かまくら ・節分の6編を収録。「鬼よぶわらべ歌」「地獄のお囃子」「髑髏の手まり歌」に続くシリーズ第4弾、完結編。身も凍る恐怖の世界が体験できます。