新・日本の歴史〈1〉国の成り立ちと仏教伝来―縄文時代~奈良時代

個数:

新・日本の歴史〈1〉国の成り立ちと仏教伝来―縄文時代~奈良時代

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 95p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784338293013
  • NDC分類 K210
  • Cコード C8321

内容説明

縄文土器にこめられた祈りは?聖徳太子の憲法とは?なぜ奈良の大仏はつくられたのか?鎮護国家の仏法とは何だったのか?小学校高学年から。

目次

縄文土器をみる―森のなかで人びとはなにを考えていたのだろう?
古墳がつくられたころ―大和政権の誕生
仏教が伝わったころ―神と仏の衝撃の出会い
斑鳩の聖徳太子―日本仏教の開祖になった皇子
神になった大王―律令国家への道のり
大宝律令の神仏―律令国家の神社と寺院
平城京遷都―藤原氏の都の出現
国分寺建立―鎮護国家の仏法とは
東大寺の建立―大仏造立にむけて
行基―「菩薩」とよばれた僧
鑑真の来日―天下の三戒壇の設立
大仏開眼と聖武上皇の崩御―僧一万人の大法会のあとに

著者等紹介

山折哲雄[ヤマオリテツオ]
1931年生まれ。宗教学者。東北大学文学部印度哲学科卒業。国際日本文化研究センター名誉教授

大角修[オオカドオサム]
1949年生まれ。東北大学文学部宗教学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。