Sunnyside Books<br> ゴースト

個数:

Sunnyside Books
ゴースト

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月04日 22時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 253p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784338287203
  • NDC分類 K933
  • Cコード C8397

出版社内容情報

中学一年の少年キャスは三年前、酒に酔った父親に銃を向けられ、母親と一緒に家から逃げだした過去がある。
父親のいない貧しい生活に引け目を感じ、周囲ともあまりなじめず、距離を置く。
逃げ足の速さから自分でつけた呼び名は”ゴースト”。
ところが、ひょんなことから地元の陸上チームに入ることに。
それぞれ悩みをかかえるチームメートや監督との関係を通して、自分の才能、そして弱さと向き合っていくことに……。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

キクチカ いいわけなんぞ、ござんせん

31
基礎英語で紹介されていた、アメリカの貧困家庭に育った少年が、陸上クラブに入り少しずつトレーニングや人との付き合いを覚えていく作品。子供向きなので読みやすく、また面白くて地下鉄に乗っていて乗り越してしまった。貧困家庭に育つという事は、当たり前の事を知らないという事であり、本人に落ち度はなくとも他人に蔑まれる事であり置かれた状況の辛さに胸が痛む。それでも足が速いという事をよりどころに、トレーニングの辛さに耐えて、また体を動かす楽しさを覚えて、嘘を言わない事の身軽さも覚えていく。作者の身の上もちょっと面白い。2020/10/17

かもめ通信

18
全速力で走る時のあの心臓のバクバクと、ハラハラしているときのドキドキはどう違うんだっけ?いつも走っている主人公の胸の鼓動と、読者である私のドキドキが重なって一気に読まずにはいられなかった。2019/08/19

Incisor

13
ただ走るという行為だったら、とてもシンプルで、間に合うために、あるいは逃げるために、命を守るために走ったりする。主人公の少年、ゴーストが走るきっかけとなったのは、命からがら逃げるためだった。そんなゴーストが、陸上競技というスポーツとして、走ることに出会い、取り組んでいく。その過程にぶつかる壁の数々に、切なくなるばかりだった。でもそれ以上に、周囲の愛情深いまなざし、ゴーストの素直で優しい気持ちに心が動かされっぱなしだった。訳文がどっぷりこの世界に連れていってくれた。2020/07/30

nightbird

12
テンポが良いスポーツ青春小説に「貧困」という主人公の抱える問題が自然に絡めてある。めちゃくちゃ読みやすい上に、読んだ後に貧困の中で生きる子の心の中を通過した体験が残る。自らを「ふつう」と思ってる人たちによる「もっと弱い」人たちへの分断や切り捨てや排除の言葉がどんどん軽々しくなっていく世界にこういう本が必要だなって思う。2019/10/17

くるり(なかむらくりこ)

8
スラム街に住みトラウマを抱えた少年が、走ることを知り再生する物語。涙と感動の――なんて、単純な話ではない。そんなにかんたんに、人は立ち直れないし生まれ変われないし、もうひとついえば、速く走れるようにもならないわけだ。すべてに一筋縄ではいかないゴーストが、憎たらしい、イライラする、でも愛しい。しょうがないなこいつ、って、応援したくなる。ざらっとしたこのリアリティは、作者の巧みな人物造形にくわえて、なにより絶妙な翻訳による語り口の力が大。ゴーストの声が、ほんとうに聞こえてくる!2019/11/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14006693

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。