つながってるよいのちのWA!<br> ハクチョウ 水べに生きる

個数:
  • ポイントキャンペーン

つながってるよいのちのWA!
ハクチョウ 水べに生きる

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 36p/高さ 29cm
  • 商品コード 9784338270021
  • NDC分類 K488
  • Cコード C8745

内容説明

ハクチョウは、なぜ日本に渡ってくるの?氷の上で、寒くないの?宮城県伊豆沼・内沼で観察された、さまざまなハクチョウたちの姿。見れば見るほどおもしろいハクチョウの世界。

著者等紹介

嶋田哲郎[シマダテツオ]
1969年生まれ。(財)宮城県伊豆沼・内沼環境保全財団主任研究員、博士(農学)。ラムサール条約登録湿地である伊豆沼・内沼において、ガンカモ類を中心とした沼に生息する鳥類の生態研究、自然再生事業や外来魚防除事業など沼の環境保全活動に取り組む

伊藤利喜雄[イトウリキオ]
1951年岩手県一関生まれ。長年伊豆沼を中心に身近な自然を撮り続けている。伊豆沼・内沼の自然フォトコンテストで、第10回最優秀賞、第11回優秀賞ほか、多数入選している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まみっち

6
小さかった時に、ハクチョウにえさをあげようとして、手をくちばしで挟まれて(しかも2回!)それからはちょっと苦手な動物だったのですが、この本を読んでかわいいなと思ったし前より好きになれました!2012/10/23

ぷーきん

5
9歳から。宮城県の伊豆沼・内沼に飛来するハクチョウ。10月〜3月までの様子を写真と解説で紹介します。生物多様性を守る活動を紹介するシリーズなので、伊豆沼でのマモコ(ハクチョウの餌になり、水をきれいにする)を増やす活動にもふれられています。ハクチョウの姿、美しい。青空を編隊をくんで飛んでいるハクチョウも素敵ですが、光る湖面を翔けて水しぶきをたてながら飛び立つ姿が良かった。偶然にも同時期に渡りをする鳥の本を読んでいたので、渡り鳥って浪漫だなぁと思いながら読みました。2015/04/25

猫月 さや

0
2012年出版。知識系写真絵本。ハクチョウの冬の生態について詳しく説明。文中に出てくる「生物多様性3つの考え方」(種の多様性、遺伝子の多様性、生態系の多様性)について、もう少し説明が欲しいかも。2012/12/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5530067

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。