あかいてぶくろ

個数:

あかいてぶくろ

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年05月16日 20時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B4判/ページ数 32p/高さ 28cm
  • 商品コード 9784338261401
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

出版社内容情報

いつもいっしょにちびちゃんの手を温めていた一組の赤い手袋。ある日、ちびちゃんは森で右手袋を落としてしまいます。通りかかったキツネが手袋を見つけて枝にかけておきますが、風で飛ばされてしまって…。

著者等紹介

林木林[ハヤシキリン]
山口県に生まれる。詩人、絵本作家、作詞家。第4回詩のボクシング全国大会で優勝。詩情あふれる独自の視点で多彩な作品を手がける。『ひだまり』(岡田千晶絵、光村教育図書)で第66回産経児童出版文化賞産経新聞社賞、『みどりのほし』(長谷川義史絵、童心社)で第6回児童ペン賞絵本賞を受賞

岡田千晶[オカダチアキ]
大阪府に生まれる。ボローニャ国際絵本原画展2010入選。子どもの世界の繊細な表情をていねいに描く。『ひだまり』(林木林文、光村教育図書)で第66回産経児童出版文化賞産経新聞社賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よこたん

61
“まっしろな ゆきに ふれるたび、ひだりのてぶくろは おもいだします。あのときの みぎのてぶくろは どうしているだろう。いっしょに ちいさな ゆきのたまを つくった てぶくろ。そりを ひっぱったり、ゆきに こぼれた あかい みを ひろった てぶくろ。” 雪景色の中に映える赤いぬくもり。ひとりぼっちになった右の手袋は、森の動物たちをそれぞれにあった形で、次々に温めていく。左の手袋には、新しいパートナーができたけれど、思い出は消えずにずっと心のなかに生き続ける。ふんわりとした絵がとても素敵だった。2022/01/14

はる

57
温かな物語。岡田千晶さんの絵が、ため息が出るほど素敵です。どの場面でも手袋の赤が際立ってますね。ふっくらとした毛糸が本当に暖かそう。ラストはちょっと予想と違って「えっ」て思ったけれど、これで良かったのかも。2021/12/02

ぶんこ

54
表紙の赤い手袋、写真のようで、ふっくらとした暖かさが伝わってきます。岡田さんの絵が素敵で、林さんの物語にとても調和してました。いつも一緒の赤い手袋。ある日ちびちゃんは右の手袋をなくしてしまいます。この片方の手袋が、森の動物たちに次々とわたっていく様子が可愛いうあら切ないやらで楽しませてくれました。2022/02/02

れっつ

43
見るからに暖かそうな表紙!赤い毛糸のミトンの手袋。それだけでもう柔らかな気持ちになるが、遠目では赤いハートにも見えて更にほっこり。森で片方はぐれた右の手袋は、いろんな動物たちに拾われ気に入られ重宝される。一方、持ち主のちびちゃんの元にいる左の手袋は…。岡田千晶さんのふんわり優しいタッチの絵が愛らしく微笑ましい。ちょっと切なくて意外な結末も、その先に希望が感じられ、清々しい気持ちになる。寒さ増すこれからの季節に、ぜひ親子で読みたい1冊だ。2021/10/25

anne@灯れ松明の火

34
出版社SNSご紹介。地元貸出中のため、隣市で。おはなしは木林さんで、絵は岡田千晶さん。このコンビも良作ぞろい。手袋や靴下って、ふたつでひとつ。その片方がなくなったら? 今までもあったテーマかもしれないけれど、ファンタジックで、優しい展開と繊細な絵はピッタリで、素敵。餅の主のちびちゃんが失くした片方を懸命に探す様子、落とされた片方のその後の様子に、切なさもあるけれど、温かい気持ちで読み終えられた。2022/01/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18355414

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。