にじいろえほん<br> ちいさなはくさい

個数:

にじいろえほん
ちいさなはくさい

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2021年12月09日 19時37分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 1冊(ペ/高さ 28cm
  • 商品コード 9784338261104
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

内容説明

いっち・に・さん・し・おおきくなろう。ちいさなはくさいとかきのきの心あたたまる話。

著者等紹介

くどうなおこ[クドウナオコ]
工藤直子。詩人、童話作家。子どもの感覚や心、生きものたちの気配などを、詩やお話に書き続けている。産経児童出版文化賞、芸術選奨文部大臣新人賞、巌谷小波文芸賞、野間児童文芸賞などを受賞

ほてはまたかし[ホテハマタカシ]
保手浜孝。伊丹市の中学校と小学校で、美術・図工の教師を勤めた後、絵が描きたくて山口県に転居。以来、油絵や版画を制作。工藤直子の詩集『のはらうた』をもとに、1987年より毎年「のはらうたカレンダー」を作る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

る*る*る

25
畑から一つはみ出た白菜の子ども。それを見守る柿の木。2人のやり取りが、いい♡やはり、くどうなおこサン!流石です。生き物の気持ちに、愛を持って言葉を吹き込む。可愛らしい、白菜の体操の言葉(^O^)/ 私も『いち・に・さん・し、朝ががきた。ご・ろく・しち・はち、今週も頑張るぞ⤴︎』春の本✴︎2015/04/20

Ryo

18
図書館。なんとなく手に取った本ですがこれはアタリ!!すっごくかわいい!!「畑からはみ出したちいさな白菜」だけでこんな絵本ができるなんてすごいです。八百屋に行きたくて「はい!はい!」と手をあげる白菜とか…可愛さに悶絶。鉢巻き巻かれる白菜にも悶絶。なにこれ白菜ってこんな可愛い生き物だったのか!とか変なマニアに開眼しそうです(ヲイ;)これ欲しいわ〜。登録者数少ないので是非もっともっと読んでほしいな〜。2013/07/26

雨巫女。

12
《書店》ちいさな白菜がたどる生きざまは、みんなと違う。でも、素敵だったと思う。2015/11/27

どあら

11
優しいお話。2月~4月の読み聞かせに使える!子供たちはどんな反応するかしら。(5分40秒、3年生以上)2015/04/10

丘野詩果

11
公文の国語教材に出てくるので、全文を読みたくなった。奥付けをみたら、2013年4月刊。あれれ、1年前だ。違うお話かなあと調べたら、もともとのお話は1997年4月刊の『だれにあえるかな 教科書に出てくる日本の名作童話第2期』に収録されていた。 畑の隅にとりのこされたはくさいがいじらしく、ちいさなはちまきが可愛くて、最後は素晴らしい春の季節。今読むのにちょうどいいね。2年生に読んでこよう。2014/05/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6784115

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。