天馬と少年―ファンタ爺さんの話の庭

個数:

天馬と少年―ファンタ爺さんの話の庭

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2019年01月24日 15時59分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 150p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784338225021
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8393

内容説明

白神山地のふもとにある小さな牧場の息子、スナオは生まれたときから右足が不自由だった。ある日、いつものように森の秘密のパティオを訪れると、白い馬が大イビキをかいて眠っている。その馬は話ができるうえに、ペガスス座からやってきた天馬だという。天馬は、死にかけていた子馬の身を借りて、スナオのもとへやってきた。そして心を通わせるようになる。すると…。

著者等紹介

つかごしつねじ[ツカゴシツネジ]
塚越恒爾。1931年東京都生まれ。1955年、横浜国立大学工学部卒業。NHKにアナウンサーとして入局。アポロ中継をはじめ、よど号、安田講堂、浅間山荘等の現場実況中継を担当。退職後、対話総合研究所を設立。現在は「ファンタ爺さん」として、全国の小学校で口演などをおこない、語り伝えの普及に努めている

つかごしていじ[ツカゴシテイジ]
塚越貞爾。1937年兵庫県生まれ。1961年、日本大学芸術学部卒業。1963年、カメラマンとしてNHKに入局。主に自然科学番組を担当。1988年、フランスで取材した「ファーブル昆虫記の旅」で放送文化基金賞を受賞。現在も世界各地で番組取材をおこない、自然派カメラマンとして活躍している。神奈川県在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。