新美南吉童話傑作選<br> ごん狐―新美南吉動作傑作選

個数:

新美南吉童話傑作選
ごん狐―新美南吉動作傑作選

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月18日 15時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 155p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784338200042
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8393

出版社内容情報

収録作品:手袋を買いに/ごん狐/狐/巨男の話/張紅倫/鳥右ェ門諸国をめぐる 〔解説:新美南吉記念館館長 榊原義夫〕   小学校中学年~

著者等紹介

新美南吉[ニイミナンキチ]
大正2年7月30日、愛知県知多郡半田町(現・半田市)に生まれる。本名渡辺正八。15年半田中学校(現在の半田高校)に進学。昭和2年頃から、中学在学中を通して「緑草」「愛誦」「少年倶楽部」「赤い鳥」などの雑誌に、童謡、童話などを盛んに投稿する。11年東京外国語学校を卒業。13年愛知県内の安城高等女学校の教員となる。18年3月22日、永眠

石倉欣二[イシクラキンジ]
1937年愛媛県に生まれる。東京芸術大学卒業。『たなばたむかし』(第27回産経児童出版文化賞美術賞)、『おばあちゃんがいるといいのにな』(第1回日本絵本賞、第5回けんぶち絵本の里大賞)、アイヌの絵本『パヨカカムイ』(第6回日本絵本賞)、『空ゆく舟』(第16回赤い鳥さし絵賞)等、各賞を受賞。絵本の会『彗星』主宰
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

千尋

11
新美南吉の童話傑作選集*『ごんぎつね』が久々に読みたくなって読みました*新美南吉は29歳という若さで亡くなりましたが・・作品は素晴らしい物ばかりで感動しました*また、愛知県にある『新美南吉記念館』にも一度訪れてみたいと思いました**2010/10/03

GX

6
「ごん狐」は、もちろん読んでいて、「手袋を買いに」も、読んだことがあるような気がします。一番、印象にのこったのは、最後の「鳥右エ門諸国をめぐる」。他の物語が、とても静かで、優しい雰囲気なのに比べて、この物語だけは、怖くて、まるで、怪談みたい。振り払っても、振り払っても、逃れることができない、自分自身の愚かさや欲。「平次」は、鳥右自身のなかで、自分を責め続ける、もうひとりの自分のような気がします。2021/10/11

ほっこりね

4
叔父から、嬉しいプレゼント本。どのお話も、深くじーんと心にしみわたる。ごんぎつね も悲しいすれ違いなんだけど、 それが残念なだけでなく、少しあったかいものも残してくれます。・・意味をな、説明したりせんでええねんで。バーンと鉄砲が火ふいたんやなあ。最後に銃口から白い煙がしばらく出てたんやなあ。と、子供が感じたら、そんでええんやで。母ちゃんが、自分らの為に一生懸命絵本読んでくれてるなあ、と感じたら、それだけでええんやで。後は、おまえ自身が、絵本を思い切り楽しんだらええんだけやで。叔父からの言葉でした。2013/04/12

きしな

4
タイトルの「ごん狐」「手袋を買いに」「狐」は朧げながらに読んだような記憶が。再読して「ごん狐」で人間の動物に対して害獣でしかないという考え方、「狐」では母子の強い愛情と哀しみを感じました。凄く考えさせられたのは「鳥右ェ門諸国をめぐる」。最後期の作品のひとつと後書きにありますが、それだけに『ひとのためになること』を思い続け、諸国を巡った主人公が平次を『にくらしい奴』と評し『殺しても生き返り苦しめる』と言ったこと、鐘に追われてどこかへいく姿は考えるものがありました。2012/04/11

Ra

2
子供のころ読んだ「ごん狐」「手袋を買いに」を大人になった今、読み返す。やはり名作。2018/04/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/213397

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。