えほんひろば<br> ひでちゃんとよばないで

個数:

えほんひろば
ひでちゃんとよばないで

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A4判/ページ数 1冊(ペ/高さ 25cm
  • 商品コード 9784338180085
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

出版社内容情報

第二次世界大戦のさなか、すすむちゃんは台湾の小さな町に住んでいました。なかよしは、ひでちゃんという女の子。そのころ、日本は台湾に侵略し、占領していたのです。ある日、日本は敗け、ひでちゃんは自分の名前はひでちゃんではないといいだし……。   小学校低学年~

内容説明

敗戦になり、日本人は母国へ帰らなくてはならなくなりました。ひでちゃんも、当然一緒に日本へ帰るものと思っていたのですが、敗戦を境にして、ひでちゃんは台湾人になりました。それはひでちゃんのお父さんが台湾人だったからです。たしか黄さんといって、内科と小児科の医院を開いていました。ひでちゃんのお母さんは日本人でした。かなしいわかれがありました。そのころのすすむには、なぜひでちゃんとわかれるのかよくわかりませんでした。

著者等紹介

おぼまこと[オボマコト]
1937年台湾に生まれる。中央大学卒業。サラリーマン生活後、1977年頃から、独学で絵本の世界に入り、現在に至る。1989年、『ごめんねムン』(小峰書店)が小学国語2年(大阪書籍)に採用される。同年『しばいっこ』(あかね書房)が厚生省中央児童福祉審議会で特別推薦。1999年『世界一すてきなお父さん』(文・前川康男、小峰書店)で第13回赤い鳥さし絵賞を受賞。他の作品には、イギリス、フランス、オランダ、台湾、韓国などで翻訳出版されているものがある
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぶんこ

45
日本に占領されていた台湾中部の町に住む少年少女が、終戦となった日から友だちではなくなる。日本人のすすむ君と、父が台湾人母が日本人のひでこちゃん。日本が占領といっても、敵対よりは友好的な間柄が続き、今も親日の台湾でも、終戦時には排日感情があったのかと切なかった。大人の事情で、ある日を境に仲良くしてはいけないとは。日本に帰る日、密かに見送りに来てくれたひでこちゃんとすすむ君の気持ちが切ない。2017/09/05

ヒラP@ehon.gohon

18
数年前に台湾に行ったことがありますが、とても親日的で、多少の日本語を使う現地人にも少なからず会うことが出来ました。それだけに、戦争戦争によって日本人と台湾人の関係が複雑化した事実を痛感しました。実話だそうですが、ひでちゃんと再会がかなわなかったおぼさん、ぬぐえない戦争体験ですね。2018/08/23

ヒラP@ehon.gohon

18
あの太平洋戦争の中で、日本が台湾を占領していたことを意識しいなかった自分です。 同じ台湾で生まれたのに、日本人の子どもとして生まれた作者は日本人なのですが、父が台湾人父が日本人の家庭に生まれたひでちゃんは、戦争が日本の敗戦に終わると日本人から台湾人に、名前も「ひでこ」から「ホアン ショウラン」に変わらなければならなかったのです。 どうして一緒に遊んではいけないのだろう。どうして、自分は日本人ではないのだろう。 ひでちゃんの心の叫びが伝わってきます。 平和であったら生まれなかった哀しみです。2010/10/14

ヒラP@ehon.gohon

15
おもちゃ図書館で読み聞かせしました。大人の読み聞かせ。2021/07/14

ochatomo

11
「ごめんねムン」と同じ台湾引揚げの話 戦時中の台湾の街の様子が描かれ興味深い 日本名から台湾名へ変えた友達との別れ 2003刊  2021/05/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1998539

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。