公民館で学ぶ〈4〉人をつなぎ、暮らしをつむぐ

個数:
  • ポイントキャンペーン

公民館で学ぶ〈4〉人をつなぎ、暮らしをつむぐ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月06日 11時49分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 334p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784337506251
  • NDC分類 379.2

目次

第1章 いま、あらためて公民館の課題を確かめる(公民館をめぐる現代的課題―2008年・2011年社会教育法改正をめぐって;地域文化を創造する公民館の役割 ほか)
第2章 人をつなぎ、暮らしをつむぐ公民館(子育てでつながるおとなの学び―お父さんたちが動きだすとき;自然体験活動をきっかけに広がる自然共生の学び ほか)
第3章 東日本大震災に公民館はどう対応したか(大津波が襲った旭市と海上公民館;東日本大震災―液状化被害を経験して ほか)
第4章 ともに学び、ともに高めあう公民館(学びをつむぎあう県公連初任職員研修会;与えられた研修会ではなく、自分たちでつくりあげる研究会―五〇年の歴史を刻む君津地方社会教育研究会 ほか)
資料 1947年教育基本法・2006年教育基本法・社会教育法(抄)、公民館の設置及び運営に関する基準、ユネスコ学習権宣言

著者紹介

長澤成次[ナガサワセイジ]
1951年東京都北区に生まれる。1972年東京都立工業高等専門学校卒業後、千葉大学教育学部・名古屋大学大学院教育学研究科博士課程を経て、千葉大学理事・教育学部教授。この間、社会教育推進全国協議会委員長、日本社会教育学会事務局長・副会長、「月刊社会教育」編集長などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)