高原英理恐怖譚集成

個数:
電子版価格
¥3,168
  • 電書あり

高原英理恐怖譚集成

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年07月23日 12時19分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 463p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784336072238
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

都市幻想を描く「町の底」、ゾンビの愛の物語「グレー・グレー」など、伝説的な怪奇恐怖小説集『抒情的恐怖群』の全7編に、「闇の司」「水漬く屍、草生す屍」「かごめ魍魎」など5編を増補。「ホラーの古典的素材を昇華させ、巧緻な語りの技術で幻惑的な幻想小説に仕上げた」と絶賛された、鬼才・高原英理のホラー小説を集大成。

著者等紹介

高原英理[タカハラエイリ]
1959年生まれ。著作に、『観念結晶大系』『歌人紫宮透の短くはるかな生涯』ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

HANA

72
怪奇でも怪談でもなく、収められているのはあくまで「恐怖」。著者の抒情的な切り取ったような文体で各話描かれているのだが、抒情的なのは「グレー・グレー」だけで他は確実に読者を殺しにかかっている。著者の今までの作品を念頭に置いて読み始めたら、冒頭の「町の底」が扱っている題材で一撃され、次の「呪い田」の理不尽さでもう一撃喰らう。後半に入っても「よくない道」で人倫を踏み外した道に迷い込まされるし。読み終えた今郷愁と抒情とグロテスクで、頭が混乱している。しかし著者の文体でグロやられると、違和感で一層衝撃受けるなあ。2021/10/04

カフカ

68
まさしくホラーというより「恐怖譚」という言葉がよく似合う短篇集。高原さんの淡々とした筆致がやけに怖い。けれど恐怖を感じつつも、どこか美しさを感じてしまう自分がいたり…。一番恐怖を感じたのは「かごめ魍魎」。恐怖はずっと傍にいた、というのが震えます…。ちょうど深夜に読んでいたのですが、その晩は無事に悪夢にうなされました。海から無数の手が伸びていて、引きずり込まれる夢でした。そんなこともあり、忘れられない本となりそう。山本タカトさんの装画や漆黒で重々しい装丁がすごく良くて、本棚に置いておくだけで大満足な一冊。2023/01/21

あたびー

47
#日本怪奇幻想読者クラブ 装丁の美しい本なのです。滑らかな紙なのに、ベルベットを思わせる黒です。そこに焦点の定まらない眼をした美しい少女の(おそらく生)首が薔薇の花と(たぶん)鳥の骨に囲まれて浮いている、そういう絵が置かれているのです。また紙が大変に上質で。力を入れて押さえていないと頁が勝手に戻ってしまいそうで。そこに収められた四節十二の物語はいずれも美しい文章で血や体液を滴らせたものたちのことが綴られているのです。読んだ後には頭が眩んでちょっと物が考えられない位です。寝転んで読むと少し筋肉もつきます。2021/10/14

柊渚

25
骨の散らばるアスファルトの地面の上、灰茶色の夜空の下、もっと話そう、もっと。ゾンビとなってしまった恋人、それでもなお愛し続ける男を描いた幻想的な物語『グレー・グレー』をはじめとする怪奇恐怖小説集。噎せ返るような血肉の匂いと美しさに酔いしれる。12月読了本なのですが、たぶん昨年読んだ中で一番怖かったかもしれない…笑。そしてかなりグロテスク。けれども美しいのです。加えて素敵な装丁に、山本タカト氏……!もう、最高やん…と寝転びながら胸に抱こうとすると460頁の重みがのしかかってくる、そんな作品でした(大満足)2021/12/20

凛風(積ん読消化中)

13
既発表の短編11編と中編1編を収める。『抒情的恐怖群』に収められていた7編とその他で構成される。「怪談」でもなく「奇譚」でもなく「恐怖譚」となっていのは、読めば分かる。本当に恐い。人の心の闇に迫る、とか土俗的因習から生まれた怪奇とか、そんなものはカケラもない。宝くじに当たるような突然の幸運があるように、突然の恐怖がある。因果などどこにもない。それはドロドロでグズグズで湿って粘って匂う。あまりのグロさに心の絶叫が止まらない。綺麗な幻想譚を書く人だと思っていたのは勘違いか?山本タカトのカバーは要注意なのよね。2021/09/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18278208
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。