花押読み解き小事典―歴史・解釈・作り方

  • ポイントキャンペーン

花押読み解き小事典―歴史・解釈・作り方

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 230p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784336054524
  • NDC分類 210.02

内容説明

日本独自のサイン“花押”―平安から現代、歴史と仕組み。

目次

花押の仕組みと作り方(文字の決定;文字の意味を調べる ほか)
花押の歴史(時代の推移と花押;花押の時代的特徴)
人物と花押(空海;王羲之「羲」字 ほか)
武田流花押(源家の伝統と梵字入り花押;信虎の花押と五虎 ほか)

著者紹介

清水研石[シミズケンセキ]
昭和22年生まれ。昭和48年、立正大学大学院・国文学研究科修了。昭和60年謙慎書道会常任理事。平成元年、読売書法会理事審査員。表装表具研究会主催。平成10~11年、立正大学講師。現在、書道研究・書学会会長、公募書學会展理事長、大田区書道協会会長、謙慎書道会常任理事、読売書法会理事、日展会友、朝日カルチャー、読売カルチャー講師、KKカルチャー講師、協同学苑講師、文化財保存修復学会正会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

花押に込められた意味を読み解く、武田流花押継承者にして書家である著者だからできた、初の試み。花押添削応募用紙付(添削無料)。

推薦文
花押の仕組みと作り方
花押の歴史
人物と花押
武田流花押
付録 花押の添削応募用紙

【著者紹介】
武田流花押継承者。書作家。昭和22年生まれ。昭和48年、立正大学大学院国文学研究科修了。昭和52年、謙慎書道会理事。平成元年、読売書法会理事。表装表具研究会主催。平成10年、立正大学講師。平成19年、公募書学会展(都美)開催開始。書道研究・書学会理事長、大田区書道協会会長、謙慎書道会常任理事、読売書法会理事、日展会友、朝日カルチャー・読売カルチャー講師、文化財保存修復学会正会員。著書『イラスト表装表具入門』『表具図面集』『木簡習字帖』(以上、雄山閣出版)