停滞の帝国―近代西洋における中国像の変遷

個数:
  • ポイントキャンペーン

停滞の帝国―近代西洋における中国像の変遷

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月08日 23時35分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 730,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784336054401
  • NDC分類 230.5

内容説明

近代西洋において、中国はいかに記述されてきたか―マカートニー使節団、イエズス会、ライプニッツ、ヴォルテール、モンテスキュー、リンネ、アダム・スミス、ヘーゲル、ダーウィン、ニーチェ、ヴェーバー、ウィットフォーゲル…。文化史、思想史、自然科学史を横断し、近代西洋における中国像の変容の意味を探るとともに、近代西洋に特有の思考構造を明らかにする。オリエンタリズム研究の新たな可能性を示す大著。

目次

マカートニー使節団
第1部 中国の登場―一八世紀初頭まで(中国の登場;世界観への組み込み)
第2部 神話の形成―一八世紀(中国の流行;世界の中の中国;博物学から人類学へ;ヨーロッパの変容)
第3部 停滞の神話―一九世紀前半(一九世紀中葉までの中国観察;思想の中の中国;人種論と中国人)
第4部 神話の変容―一九世紀後半(中国の混迷;不変性から後進性へ;変化の胎動;トポスとしての中国)
西洋の黄昏、中国の黎明

著者紹介

大野英二郎[オオノエイジロウ]
1953年東京生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。パリ第8大学博士課程修了。第3課程博士。現在、フェリス女学院大学国際交流学部教授。専攻は近代フランス文学・思想(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

近代西洋における中国像の変容を辿り、近代西洋に特有の思考構造を明らかにする。オリエンタリズム研究の新たな可能性を示す大著。

近代西洋において、中国はいかに記述されてきたか――。
マカートニー使節団、イエズス会、ライプニッツ、ヴォルテール、モンテスキュー、リンネ、アダム・スミス、
ヘーゲル、ダーウィン、ニーチェ、ヴェーバー、ウイットフォーゲル……。
文化史、思想史、自然科学史を横断し、近代西洋における中国像の変容の意味を探るとともに、近代西洋に特有の思考構造を明らかにする。
オリエンタリズム研究の新たな可能性を示す大著。

【著者紹介】
1953年東京生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。パリ第8大学博士課程修了。第3課程博士。現在、フェリス女学院大学国際交流学部教授。専攻は近代フランス文学・思想。訳書にフンボルト『新大陸赤道地方紀行 上・中・下』(岩波書店)など。