日本人の言語観とその未来―日本語はいかにつくりあげられるべきか

個数:
  • ポイントキャンペーン

日本人の言語観とその未来―日本語はいかにつくりあげられるべきか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月08日 19時27分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 431p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784336053428
  • NDC分類 810

目次

第1章 和語の世界(照葉樹林気候帯とは何か;古今和歌集の序―まな序とかな序の比較 ほか)
第2章 和語中心の言葉から理念基本の言葉を生み出せるか(発端;西欧の衝撃 ほか)
第3章 西欧というステージとソシュールの言葉論(西欧のステージと日本のステージ―訓読法は二つのステージに橋をかけられるか;解放のための言語 ほか)
第4章 己を生かす言葉の使い方(言葉の主人性と人間の主人公性の回復;日本語における二つの世界)
第5章 英語教育(英語学習の目的;原則性に基づいた実際的学習と内容構築学習 ほか)

著者紹介

山田豪[ヤマダツヨシ]
1945年富山県富山市生まれ。青山学院大学大学院博士課程英米文学専攻満期退学。東京都立工業高等専門学校・東京都立産業技術高等専門学校名誉教授。白銀人間言語研究所主宰(2009設立)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

長年英語教育に携わった著者が教育現場から日本語の過去・現在・未来を見据え、その目指すべきあり方を提言する根源的日本語論。

【著者紹介】
1945年富山県富山市生まれ。青山大学大学院博士課程英米文学専攻満期退学。東京都立工業高等専門学校・東京都立産業技術高等専門学校名誉教授。白銀人間言語研究所主宰(2009年設立)著著『内なる風の民 日本人』(勁草出版サービスセンター、1993年)『日本国憲法』(現代文芸社、1995年)