未来の文学<br> 海の鎖

個数:

未来の文学
海の鎖

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月10日 10時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 336p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784336053251
  • NDC分類 933
  • Cコード C0397

内容説明

最後の危険なアンソロジー、ついに登場!“異邦の宇宙船が舞い降りた…何かが起こる…誰も逃げられない…少年トミーだけは気づいていた”破滅SFの傑作として名高い表題作のほか、日本を代表するSF翻訳家:伊藤典夫が独自の審美眼で精選した全8篇。これにて“未来の文学”シリーズ完結。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

パトラッシュ

86
地球最後の日や宇宙人の侵略などありふれたテーマを扱いながら、ストレートSF的な政治家や軍人ではなく子供や科学者らの視点から描く作品を集めている。英雄も勝利も大発見もなく、失敗と異常と無視の果てにアンハッピーエンドを迎える物語ばかりでカタルシスは皆無だが、人間ならこんな間違いを犯して当然と思えてしまう作品ばかりなのだ。いわばSFの形式をとった私小説的色彩が濃厚であり、「神々の贈り物」や「海の鎖」などはその典型といえる。そのあたりが伊藤さんの趣味かもしれないが、ひねくれ感も強い。読者を選ぶアンソロジーだろう。2021/08/11

藤月はな(灯れ松明の火)

78
この短編集は元気がある時に読むことをお勧めします。なぜなら大半が「脱・人間ファースト」で人類・世界の破滅を描いているからだ。表題作は宇宙人とのファーストコンタクトの話だ。しかし、読者が予想しているような少年との宇宙人との心温まる交流はなく、矮小で排他的な人間によって疎外され、人格を破壊させられる少年の姿と冷厳な現実のみが突き付けられる。最も人間嫌いの読者は、人間によって成長の可能性を抑えられてきた人工知能が宇宙人の交信を経て自らの進化の可能性を考えられたという事実に喝采を挙げるだろう。2021/09/09

ネコベス

30
翻訳家の伊藤典夫氏が選りすぐったSF短篇8作を収録したアンソロジー。当時は最先端だったであろうSFも今読むと良くも悪くもその時代特有の雰囲気が作品内に刻まれているのを感じる。宇宙船内に紛れ込んだ異星人に気付いたクルー達が次第に疑心暗鬼に陥るアラン・E・ナース「偽態」、キングコングをネタにした愉快なパロディ作品のフィリップ・ホセ・ファーマー「キング・コング堕ちてのち」、宇宙人による地球侵略を子供の視点から描いた表題作ガードナー・R・ドゾワ「海の鎖」が良かった。2021/08/16

くさてる

28
70~80年代のSFアンソロジー。古臭い印象かなあと思っていたけれど、どれも読み応えあって面白かった。「神々の贈り物」のSFらしい展開の中に潜む人間心理の不変さ、ちょっとびっくりしたけど、まあ小松左京さんと矢野徹さんがシメてくれたんならいいかなと思った「リトル・ボーイ再び」などのあとで「キング・コング堕ちてのち」が、しみじみと良く、美しかった。でもやはりいちばんは「海の鎖」だ。孤独な子供の目に映る、宇宙人との邂逅と絶望の物語。なんと美しく、せつないんだろう。ため息がでました。2021/09/08

maja

19
未来の文学シリーズSF短編集。フィリップ・ホセ・ファーマー「キング・コング墜ちてのち」、フレデリック・ポール「フェルミと冬」、ガードナー・R・ドゾア「海の鎖」が良かった。強い印象を残す表題作はジーン・ウルフの「デス博士の島その他の物語」の少年の孤独な姿が重なって浮かんだ。異星人侵略で終焉に向かう世界が孤立した少年の目を通して違和感から絶望へと描かれる。少年のささやかな触れあいでもあったことが切ない。 2021/09/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18108477

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。