太平洋侵略史〈5〉 (復刻版)

個数:

太平洋侵略史〈5〉 (復刻版)

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 252p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784336052469
  • NDC分類 210.59
  • Cコード C0321

内容説明

本書の内容は、欧米列強によるアジア・太平洋侵略に抗する日本の幕末史である。仲小路の著作は、戦前戦中、政治と軍の中枢にいる人々に強い影響を及ぼしたが、終戦後は、GHQが没収、焚書にされ、一般はむろん学界にもほとんど知られることがなかった。

目次

第1篇 ペルリの對日謀略の進展
第2篇 國内問題の緊迫
第3篇 國防論の昴揚
第4篇 英米露蘭の對日外交政策
第5篇 安政二年の情勢
第6篇 ハリスの渡來
第7篇 イギリスの濠洲侵略の情況

著者紹介

仲小路彰[ナカショウジアキラ]
明治34年(1901)東京生まれ。大正6年(1917)第五高等学校入学、大正13年、東京帝国大学文学部哲学科卒。昭和16年(1941)(財)日本世界文化復興会(終戦後、文化建設会と改称)を設立。昭和21年(1946)渋沢敬三・川添浩史等と(財)文化建設会の地球文化研究所設立。昭和22年(1947)恒久平和確立のため地球主義(グローバリズム)を提唱。昭和59年(1984)9月1日死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)