日本猟奇史 明治時代篇

個数:
  • ポイントキャンペーン

日本猟奇史 明治時代篇

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月09日 10時58分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 203p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784336050045
  • NDC分類 388.1

内容説明

「近代」奇譚・珍談の宝庫!維新~明治(1868‐1912)、新聞・雑誌・資料による超科学的な奇現象、自然の奇異、狐狸譚、エロ・グロ、幽霊話79。

目次

生首が転がっていた大江戸と怪盗斬殺奇異
僧侶はチョン髷の鬘をかぶって伊勢参拝
七日七夜、逆立ちの難行苦行を志した奇人
雪駄が飛び上がり飯櫃や行灯が踊りだす家
古今滅法界の珍見世物、盲人の撃剣試合
陰部から真珠を取られると娼妓検黴を忌避
十円紙幣を金毘羅のお札と思って神棚へ
十二月のなかった明治五年の稀有の珍事
馬の尾のなかへ鼠が巣をつくって子を産む
年数を限って夫婦約束した男女の奉納額〔ほか〕