• ポイントキャンペーン

木村敏著作集〈7〉臨床哲学論文集

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 457p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784335610271
  • NDC分類 493.7

内容説明

行為にもとずく「生命論的人間学」の展開。リアリティ、アクチュアリティ、ヴァーチュアリティの差異とは何か。ことばがつくりだす「内的主体」と、外界との界面現象から生まれる「外的主体」―この主体の裂開と「二重の自己性」を生きる自分とは何か。

目次

ハイデッガーと精神医学―分裂病問題を軸として(1979)
精神医学における現象学の意味(1985)
離人症と行為的直観(1989)
『偶然性の精神病理』序論(1994)
真理・ニヒリズム・主体(1992)
偶然性の精神病理(1992)
タイミングと自己(1993)
時間の間主観性(1993)
無意識と主体性―遺伝子のゲシュタルトクライス(1994)
『分裂病の詩と真実』序論(1998)
分裂病の詩と真実(1996)
自己と他者(1995)
コギトの自己性―生命論的考察(1996)
リアリティとアクチャリティ(1997)
西田哲学と医学的人間学(1993)
エスについて―フロイト・グロデック・ブーバー・ハイデガー・ヴァイツゼッカー(1995)
意味の歴史性―来歴否認症候群の精神病理学的考察を通じて
精神の科学は可能か

著者紹介

木村敏[キムラビン]
1931年生まれ。55年京都大学医学部卒、61年より2年間ミュンヘン大学神経科・精神科に留学、69年より2年間ハイデルベルク大学精神科客員講師、74年より名古屋市立大学医学部教授、86年より京都大学医学部教授。その間81年ドイツ連邦共和国より第3回シーボルト賞、85年エグネール財団(スイス)より第1回エグネール賞を受賞。94年京都大学を停年退官後、2001年まで龍谷大学国際文化学部教授。現在、京都大学名誉教授、河合文化教育研究所主任研究員、京都博愛会病院顧問、日本精神病理学会名誉会員、日本社会精神医学会理事。ドイツ精神神経学会、ドイツ現存在分析学会の外人特別会員